CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

クミンシード

仲沢商店で、クミンシードを購入した。

「オリーブオイルで仲沢商店のクミンシードを炒めて、それでスクランブルエッグ作るだけでもうご馳走だよ」

ヨガの先生にススメられ、そんなに違うのならと、立ち寄った。

わたし自身は、そんなに親しみがあるスパイスだとは思っていなかったのだが、「最もポピュラーなスパイス」とも呼ばれているそうだ。

まずは玉葱をソテーしたのだが、なるほど美味しかった。

 

ネットレシピを調べていて知った、中世ヨーロッパでのクミンにまつわる言い伝えがおもしろかった。

結婚式で花嫁花婿が、ともにクミンをポケットに忍ばせる習慣があったという。

花嫁には「クミンを使って美味しい料理の作れば、夫が自分のもとを去ることはない」という意味が、花婿には「浮気することなく、クミンと料理の材料を家に持ち帰る忠実さを持ちなさい」という意味があったとか。

その頃から、家庭料理に欠かせないスパイスだったことがよくわかる。

「スタータースパイス」として使われることが多いことも知った。

インド料理では、材料を炒めるまえにホールのスパイスを油で炒めて、香りを充分に引き出してから、具材を炒めるという調理手法がスタンダードで、それに使われるスパイスを「スタータースパイス」と呼ぶそうだ。

 

遅ればせながらだけれど、これからせいぜい美味しいクミン料理を食卓に忍ばせていこう。

これで、10gです。

容器は、プリンのリサイクル。これ、便利。

仲沢商店のクランベリーと胡桃で、久しぶりに焼いた天然酵母パン。

いっぱいいただいた玉葱をオリーブオイルと塩&クミンシードでソテーに。

焼き立てパンランチです。

ヨガの先生の言う通りに作ったスクランブルエッグ。めちゃくちゃ美味しかった! シンプルなだけに、これぞスタータースパイスの技ですね。

茄子とパプリカのサブジ。まえにも作ったことあったんだけど、別モノの美味しさでした。

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.