CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

ズッキーニボート

沼津ドライブで立ち寄った「道の駅富士川」で、ズッキーニを買った。

明るい黄色のズッキーニだ。

いつもと同じラタトゥイユではおもしろくないと、ズッキーニボートにした。

 

ズッキーニボート。

不思議な名前だ。

ボートみたいな形だから、ボート。

調べると、胡瓜ボートも茄子ボートもあった。

茄子の形はボートじゃないのでは? とも思ったがトマトボートのレシピすらヒットするのだから、すでに形ではなく、くり抜いたなかに詰め物をすればすべてボートで良いらしい。

ちくわボートなどもあったから、野菜に限った呼び方ではないようだ。

ピーマンボートも、あった。

肉詰めピーマンは、いずれ死語になるのだろうか。

 

そんな疑問を残しつつ、ズッキーニの中身をくり抜いてチーズやらマヨネーズやらと混ぜてオーブンで焼いたズッキーニボートは、なかなかの評判だった。

野菜って、美しい。

〈レシピ〉

ズッキーニの中身をくり抜き粗みじん切りにして塩を振る。ボートにも塩を振る。

中身の水気を絞り、ベーコン1枚、玉葱1/8個の粗みじん切りとピザ用チーズ30g、マヨネーズ大さじ1とを混ぜ合わせる。

水気を拭いたボートに、粒マスタードを塗り、フィリングを詰める。

200℃のオーブンで25分焼く。

チキンソテーと合わせて。秋刀魚用に購入した2枚の皿ですが、使い勝手が良くいろいろ使っています。

残り物のポテチサラダなどを出したら、彩り鮮やかな食卓になりました。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.