CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

ポルトガルから来た”とうもろこし”

山梨産とうもろこしを使ったスナックを特集した。

山梨県には「甘々娘」や「きみひめ」「ゴールドラッシュ」といったブランドとうもろこしが生産されている。

朝採りとうもろこしは本当に美味しく、夏のバーベキューには欠かせない。

けれどなかなかにぎやかにバーベキューもできない今、形を変えてスナックの特集にした。

 

さて。とうもろこしは、16世紀にポルトガルから入って来たものらしい。

おお、こんなところにもポルトガルが、と2年前に旅した地をなつかしく愛おしく思い出す。

しかし、ポルトガルでとうもろこしを食べた記憶はなかった。

検索すると、北の地域で食べられている「ブレア」というコーンブレッドが、今も人気の伝統あるポルトガル料理らしい。外側はしっかりと硬く、なかはほろりと崩れるやわらかさだという。

とうもろこしは栄養価の高い穀物であり、今もむかしも加工品としてのニーズが高い。

山梨のように過去に米作りに苦戦していた地域では、蕎麦やとうもろこしを食べていたのだろう。

「次に行ったときに、ブレア、食べられるかな」

出口の見えないトンネルに、一筋のやわらかな光を見た。

とうもろこしスナック、3種。

甘々娘の甘味とチーズの塩味、カリカリした食感が魅力の「カリカリ揚げほうとう・もろこチーズ」です。

「とうもろこし風味せんべい」には、やまなしとうもろこしマップが。

パン料理で思い出すのは、豚肉を煮込んだ汁で練ったパン粥のようなアレンテージョ料理「ミーガシュ・デ・ポルコ」。

ポルトの「ビファーナ」は、薄切りの豚肉をスパイシーなソースで煮込みバンズに挟んだもの。

「フランセジーニャ」は、クロックムッシュに熱々のトマトソースをかけたポルトガル風。

 

☆『地球の歩き方』北杜・山梨特派員ブログ、更新しました。

【山梨土産~甘々娘を使った”とうもろこしスナック”がうまい!ポテト&揚げほうとう&せんべい】

 

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ぱす より:

    こんにちわ
    とうもろこしはポルトガルから。
    そうなんですね。私も知りませんでした。
    山梨のとうもろこしマップが楽しいですね。

    これから、旬ですね。こちらでは、ものすごくあたりはずれがあります。
    だめなものは、かっすかすです。
    産地と値段をよく見て、買うようにしています。

  2. さえ より:

    >ぱすさん
    こんばんは~
    ポルトガルからはいろんなものが入ってきていますね。小さな国なのに、歴史の深さを思います。
    マップを見ると、また楽しいですよね。
    とうもろこしも、西瓜と同じような叩くとわかるみたいなのがあるといいですね。
    重さがひとつの目安かもです。

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.