CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

冷ご飯ダイエット

久しぶりに雑穀米を入れてご飯を炊いたので、残りご飯に塩をしておむすびにした。

少しだけ塩を振り、ひとつずつ冷凍しておけば、忙しい日のひとりランチに重宝する。

白いご飯でもたまに作ってはいるのだが、黒米など8種類の雑穀が入った赤いご飯にするとテンションも上がる。

おむすびひとつで9品目摂れるというのもあり、身体にいいことしているような気持ちになるし、やはり色がいいのだろう。食欲も増し、楽しくもある。

前の晩に雑穀も一緒に研いだ米と水に漬けておけば、食べやすいうえに、もっちりとした食感にもなる。なくなるたびに、炊いては握ろうと思った。

 

さて。若い友人に聞いたのだが、ダイエットには温かいおむすびより、冷たいおむすびの方が効果的なのだという。その理由は、冷たい方が消化しにくく吸収が少ないからだそうだ。

ダイエット中の女性の間では、会社などで朝わざわざ冷蔵庫に入れておき、冷たいご飯を食べるのも常識化しているらしい。

「えーっ、あったかい方が絶対美味しいよね」

「ですよね~」

などと言い合ったけれど、同じ量食べて痩せられるのなら注目されるのもわかる気がする。

手軽だし、ストレスなくダイエットできるからリバウンドも少ないという。噛む回数も冷ご飯の方が増えるから顎のストレッチになり、顔瘦せ効果もあるとか。

 

冷ご飯ダイエット。まあ、これからの夏にはいいかも。

そう思いつつも、毎朝食べる炊き立てのご飯の魅力に勝るとは思えずにいる。

ある日の朝ご飯。雑穀には黒米、もち大麦、赤たかきび、赤米、米粒麦、キヌア、焙煎大豆、黒ごまの8種類が入っています。

おむすびが4つできました。

ひとつずつラップして、冷めたら冷凍庫へ。

忙しいひとりランチに、チンするだけで便利です。

お味噌汁やナムルを添えれば、栄養満点。

おむすびがなくなったので、ふたたび炊きました。

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.