CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

冷麺と冷やし中華

先週は、ふたたび夫の実家、神戸へと帰省した。

今年に入って、もう6回目だろうか。義母を見舞い、実家の片づけをした。

炎天下、駅から実家までの道を歩くと、蝉時雨が降り注ぐ。

シャー、シャシャシャシャシャシャ。

「なにこの蝉の声。山梨の蝉とはまるで違うね」

「蝉も、関西弁なんやろ」

神戸の夏は、蒸し暑い。

 

これでもかというほどに汗をかき、実家をあとにして、三ノ宮で遅めのランチをした。

今回は焼き肉は食べられなかったけど、友人の店焼肉「松竹園」の暖簾をくぐる。

コロナ禍で平日の夜の営業を辞め、カフェ風ランチを始めたと聞いていた。

夫は迷わずがっつり系の「牛タンカツカレー」をオーダー。わたしはさっぱり系の「冷麺&キンパ」にする。大きな氷がごろりと入った冷麺は、とても美味しかった。

「これで帰ったら、夕飯カレーやったりしてな」

夫が、カレーを掬いながら、楽しそうに言う。

「だいじょうぶだよ。今夜は中華リクエストしておいたじゃん」

帰ったら、娘が夕飯を用意していることになっていた。

 

さて。帰宅して、夕食を囲む。

「なんか、これ、今日食べたような」

中華は中華でも、冷やし中華をリクエストしていたのだった。

ふたりとも疲れすぎていて、冷麺と冷やし中華が似ていることすら気づかなかったのである。

けれど娘が作った冷やし中華は、具がたっぷりで胡麻ダレで、おまけに餃子と蒸し鶏までついていて、まったりした夕餉に静かに疲れがとれていった。

三ノ宮の焼き肉「松竹園」は、バージョンアップしてカフェランチを始めていました。

夫は牛タンカツカレーでしたが、あまりの暑さに冷麺にしました。

チーズキンパとセットなのがうれしい。こっちは、熱々でした。

さっぱりしていて、つるつる食べられました。美味しかった。

疲れてすぎていて、冷やし中華の写真はありませんでした。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ぱす より:

    おはようございます
    関西弁の蝉、笑っちゃいました!
    その、しゃしゃしゃしゃ~の蝉の声が今朝はまた一段とにぎやかです!
    ご友人の焼き肉店、平日はモーニングとランチに移行されたんですね。
    冷麺とチーズキンパが美味しそうです!
    韓国で食べた冷麺を思い出しました。梨が入っていました。

    お義母さまも、お元気にされていますか。

  2. さえ より:

    >ぱすさん
    おはようございます♩
    ぱすさんは、毎日あのシャシャシャシャシャシャを聞いているんですね(笑)
    コロナ禍で、飲食店はそれぞれ工夫をしていますね。
    「松竹園」のランチは、とっても美味しかったです。
    韓国に行ったのは冬だったので、冷麺は食べませんでした。梨が入っているのかあ。やっぱり日本とは感覚が違いますね。
    義母は新しい環境にずいぶんとなれた様子で、とても落ち着いていました。ありがとうございます。

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.