CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

回鍋肉の夕餉

毎日の献立を客観的に見てみると、雑多なことごとに影響を受けていることがわかる。

料理本やネット、小説、ドラマなどはもちろんのこと、友人との会話のなかにも「献立のヒント」はある。

 

先月、東京で久しぶりに会った友人のひとりが、話していた。

「だんなに夕飯頼むと、いつも回鍋肉なのよ。どうせクックドゥなんだから、ほかのも作ってくれればいいのに」

「成功体験だね」

「新しいものに挑戦するのは、ハードル高いもんね」

などと笑ったのだが、それからしばらくして無闇矢鱈と回鍋肉が食べたくなった。

 

会話のなかの献立のヒントは、主婦のなかで静かに眠っている。たぶん、いくつも、いくつも。

そして、やおらむくりと起き出して、食卓に登場するのだ。

友人のご主人のおかげで(?)、久しぶりに食べた回鍋肉は、とても美味しかった。

クックドゥの回鍋肉。安定の味ですね。

焼売は、蒸籠を買ってから2度目。栗原はるみレシピの蟹焼売にしたんだけど、レシピは本物の蟹で、使ったのは蟹缶だったから、たぶんまるで違う味でしょう。

それでも美味しかったから、いいか。

クックドゥでは、鶏肉で酢豚をよく作ります。酢鶏です。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.