CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

柚子大根~穂積の柚子

大柳川渓谷の帰り、富士川町の柚子を買った。

富士川町穂積地区の柚子は、県内でも評判で、特別に香りがいい、味も抜群だと遠くから買い求めに出かける人もいるという。

柚子大根を漬けると、評判通り。香りが違う。

浅尾大根だから、なお美味しい。

 

柚子大根を漬けると、思い出す。

東京の友人たち4人で、お台場でお泊まり忘年女子会をした。

そのとき、逡巡した気持ちも一緒に思い出す。

柚子大根持って、お台場へ?

田舎のおばちゃんっぽすぎるかな?

いやいや。みんな好きなはずだし。

そうして、4人でお台場のホテルで買ってきたお惣菜やらビールやらと大根を並べ、楽しい時間を過ごした。

4年前、コロナ前のことだ。

その後、人気を博した柚子大根のレシピはみんなで共有した。

現役働く女子たちの3人は、なかなか作れないかもしれないけれど。

 

作って誰かを思い出す料理、食べて思い出す味、けっこうある。

焼き茄子は、義母を。ミネストローネは、母を。水菜のはりはりは、末娘を。餃子は、上の娘を。タイカレー、回鍋肉、独活の辛子味噌、ラタトゥイユ、それぞれ思い出す人がいる。

冬の陽にあたる柚子。柚子って、陽だまりみたい。

浅尾大根で漬けた柚子大根。

柚子まるまる1個刻んで、果汁も搾って鮭の南蛮漬けも作りました。

南蛮漬けの味が変わったように感じるほど、柚子の風味が濃い。

「道の駅富士川」では、ランチもしました。

名物のみみをミネストローネにしたみみストローネ。温まりました。

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.