CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

沼津~日帰りドライブ

夫の誕生日に、静岡県の沼津港まで日帰りドライブに出かけた。

昨年8月に中部横断道路が全線開通し、山梨と静岡が高速道路でつながった。そこを走ろうということになった。

海がない山梨県から、新鮮な魚を買いに行こうというのである。

 

中央高速韮崎インターから乗り、双葉で中部横断道へ、新清水で新東名に乗り換え、長泉沼津に到着。

途中休憩を除けば、高速を走ること、約1時間半。

たしかに、静岡は近くなった。

「ベルナール・ビュフェ美術館」で、線の画家と謳われるビュフェの絵を堪能し、沼津港までは30分ほど。

(ベルナール・ビュフェについては、また明日)

ランチには、海の幸にありつけた。

 

道は、つながっている。

八ヶ岳の麓から、海まで。

頭では知ってはいたけれど、半分くらい自分で運転してみて、お腹の底から感じた。

沼津港。潮の匂い、干物の匂いがする漁港です。

ランチは、大きく分厚い刺身がのった「漁師丼」。

手軽に、海鮮バーベキューができるお店でした。

沼津港大型展望水門「びゅうお」です。ビルでいうと9階くらいの高さだとか。災害時に門を閉め、漁港を守る目的で作られたそうです。ランドマークとしても楽しまれているみたい。

「びゅうお」から見下ろした沼津港。

遊覧船が、下を通り抜けていきました。

潮が引いた狩野川には、中州が現われていました。

誕生日の夕餉は、新鮮な鮪と。

鰺の干物でした。

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.