CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

海のものとお茶と

海のものが届いた。茅ケ崎の叔母からだ。

鯛、あさり、蛸飯の素や、しらすやまぐろの佃煮。

海なし県の山梨に暮らしているので、海のものはうれしい。

常温保存の真空パックだったので、ゆっくりと楽しんでいる。

 

茅ケ崎=海、そして、湘南=サザンオールスターズ。

という認識はあったけれど、梅茶や昆布茶も入っていた、

佃煮3種も「茶の葉煮込みでやわらかいです」とかかれている。

「茅ケ崎で、お茶?」

と、首をかしげた。

 

調べれば、静岡のお茶屋さんの店舗が、茅ケ崎にもあるらしい。

考えてみれば、近くだよね。

”県”という境をとり払えば、とても自然なことなのだ。

海のものとお茶のコラボレーション。ゆっくりと楽しもう。

鯛とあさり、蛸飯の素とあさり、しらす、まぐろの佃煮、梅茶、昆布茶が入っていました。

あさりの佃煮を開けてみました。

しっとり美味しそう。

やわらか薄味でした。美味しい。

ランチに蛸飯を炊きました。

冷凍のシュウマイと。優しい味でした。

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.