CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

神戸の珈琲

日曜日から、夫の故郷神戸に帰省していた。

退院した義母を新しく入居する施設へ送り、実家の整理をした。

 

前回、実家を整理したときには、手話教室のバザーにと新品の食器や衣類を送り、買い置きしてあったレトルトカレーや缶詰をフードバンクに持ち込んだけれど、今回は捨てるモノを選別する作業がほとんどだった。

わたし自身は暮らしたことのない家だけれど、夫にはわたしの知らないたくさんの記憶があるはずで、モノを見るたびに押し寄せてきたに違いない。

捨てる捨てないの判断は夫に委ねるしかなく、しかしそんなわたしでさえ、身体以上に気持ちがすっかり疲れてしまった。

早めに神戸空港に着き、搭乗口まえにある「赤レンガ倉庫CAFE」で、生ドリップ珈琲をアイスにしてもらい、ふたりぼんやりした。

「今回は、どの珈琲も美味しかったね」

ふと、思い返して言うと夫もうなずいた。

「たしかに」

JR三ノ宮駅構内にある「エスタシオンカフェ」のモーニング。

テイクアウトした「にしむら珈琲」のアイス珈琲。

サンキタ通りの「コメダ珈琲」のモーニング。

そして、この生ドリップ珈琲。

ホッとする珈琲タイムに助けられながら、ひとつひとつ、前へと歩いて行こう。

ホテルの窓から見た 錨山の錨形イルミネーションと、神戸市章をかたどった市章山のイルミネーション。ウクライナカラーに光っていました。非常口マークが映り込んで不思議な写真に。

1日目の朝食は、JR三ノ宮駅構内にある「エスタシオンカフェ」で。

モーニングは、プラス150円で焼き立てのふんわり卵焼きサンドが食べられます。

2日目は、三ノ宮サンキタ通りの「コメダ珈琲」で、アイスで、プレミアムコーヒー Sophia(ソフィア)を。

朝食無料セットのなかから、ローブパンと手作りたまごペーストをオーダーしました。

今回はテイクアウトしましたが、にしむら珈琲も美味しいんです。

神戸空港の搭乗口まえ「赤レンガ倉庫CAFE」の生ドリップ珈琲も美味しかった。向田邦子を読みながら、帰ってきました。

15色あるカラフルな機体が楽しいFDAで、松本空港へ。今回は、バイオレットでした。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. hanamomo より:

    神戸への帰省、お疲れさまでした。
    お義母様、施設に移られたとのこと、一安心ですね。
    親が年老いていく様子は誰もが通過しなければならないことですが、離れていると余計に心配になることでしょう。
    神戸は降りたことのない場所、いつかゆっくり行ってみたい街なのですが、どんどん歩けるうちがいいな~とおもいつつ、現実は厳しくてね。

    珈琲のおともに思い出トランプ、向田さんの本はほとんど読みました。
    母よりもずっと年上なのに、52歳で飛行機事故で亡くなってしまったせいか、私の中では若いままで止まっています。
    きれいの良い文章、大好きです。

  2. さえ より:

    >hanamomoさん
    ありがとうございます。
    義母は今体験入居なので、来週本契約と引っ越しでまた帰省する予定です。
    今は新しい環境に慣れようとがんばっている様子で、入院中にはなかったおしゃべりな義母が戻ってきている感じです。
    神戸は坂の街なので、歩く楽しさを味わえるうちがいいですよね。
    親たちを見ていると、自分もいつまで歩けるのかと考えちゃいますね。
    向田邦子、20代の頃読んだ覚えはあるのですが、すっかり忘れています。
    お好きなんですね。昭和の香り漂う雰囲気はたっぷり味わえましたが、古いという感じはまったくしませんでした。凄いなあとあらためて思いました。
    ほんと、若くして亡くなったので若いままのような気がしますよね。
    次の帰省は、『隣の女』を持っていきます。

  3. ぱす より:

    こんにちわ
    今頃は、また神戸への旅の支度をされているころでしょうか。
    長旅の後、ご実家のかたづけ。ほっこりするでしょう。
    感情が入るので、余計に気持ちが疲れる所がありますね。
    お義母さま、お元気で過ごされることをお祈りしています。

    珈琲が元気づけてくれた様子も手に取るようにわかりました。
    エスタシオンカフェは姫路にもあり、新幹線の待ち時間に利用したことがあります。
    神戸のお店はさすがおしゃれな感じがしますね。にしむら珈琲もいいお店ですよね。
    若い時、友人との待ち合わせによく利用しました。

  4. さえ より:

    >ぱすさん
    おはようございます。
    年齢的に実家の片づけは、みな課題のようですね。
    誰も住んでいないので近隣の方に迷惑をかけないように、問題がないようというのがさしあたっての仕事だと足を運んでいます。
    義母は、新しい環境に慣れようと、がんばっているようです。ありがとうございます。
    エスタシオンカフェ、やわらかい風味の珈琲が気に入っています。
    にしむら珈琲は、香り高い珈琲が魅力ですよね~
    お友達と待ち合わせですか。珈琲屋さんで待ち合わせってこと自体懐かしい感じがしますね(^_-)

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.