CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

雪予報

大雪が降るという予報を受け、食料品を余分に買い込んだ。

夫は、薪をウッドデッキに山と積んでくれた。

きのうは朝起きたら一面雪化粧かと思ったら、雪のゆの字もなく、肩透かしを食らった気分でニュースで雪景色を見るだけで終わった。

けれど、夕方から雪を含んだ風が八ヶ岳から吹いてきた。八ヶ岳颪だ。

暗くなり始めた頃には、ウッドデッキは真っ白になっていた。

 

雪道では、できることなら車に乗りたくない。

坂で滑ってまえの車に当たりそうになったこともあるし、狭い上り坂をタイヤが空回りして動けなくなったこともあった。雪道を運転するだけで、肩が凝る。

なのに、こんなタイミングで愛車を車検に出さねばならず、その代車がまた、うちのまえの坂道登れるのかな~と心配になるような小さな軽で心配していたのだけれど、雪が降り出す前に車検を終え愛車は帰ってきた。

 

もし朝から雪が積もっていても、急な坂道をくだり、取りに行かざるを得なかっただろう。たぶん、雪が凍るまえに四輪駆動のマイカーが必要だと考えたはずだ。

不要不急という言葉は聞き飽きたけれど、大雪のなか出かけたくて出かける人は、きっと少数派だ。必要に迫られて雪のなかにいるのだろう。

どうかこの雪で、事故が起こりませんように。

日曜日、久しぶりに歩いた定点観測地点。

最近、家の窓から眺めることが多くなっていたので、ちょっと新鮮。

この日、赤岳の雪もだいぶ解けていました。

編笠山と権現岳は、ちょこっと白いだけ。

知事選の投票会場から定点観測地点を通る道を歩いたら、ジョウビタキに会いました。メスかな?

車検を終えてすっきりしたマツダCXー5。頼りになる四輪駆動です。

ウッドデッキの薪置き場。

よく燃えています。

夕方5時、少しずつ積もってきました。

 

雪予報を聞くと、おでんを煮たくなります。

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2023年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.