CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

鯵をさばく

日曜の夕方、ご近所さんが鯵を持ってきた。

海釣りに行ったという。海のない山梨では、釣りたての海の魚をいただくのは珍しいこと。クーラーボックスいっぱいあったので、6尾いただいた。

 

さっそく下ろそうと、夫とふたりキッチンに立った。

それぞれにまな板と包丁に鯵を乗せ、三枚に下していく。

「まずは、刺身で食べたいよね」

「鯵フライもしたいね」

そう言いつつも、ふたりとも包丁さばきはプロ級とはいかない。

「背のところは、刺身にできそう」

「小骨がとれないな」

「ぜいごが刺さった!」

「皮剥くの、頭から? 尻尾から?」

などと、悪戦苦闘。

ひとりで6尾だったらしんどかっただろうけれど、3尾ずつ下したから楽しんでいるうちに作業は終了した。そしてどちらの作品かわからないだけに、多少細かくなった刺身にも、笑いながら舌鼓を打つことができた。

下すのも半分ずつ。食べるのも半分ずつ。心地よい夕餉だった。

 

ところで、「鯵」の名の由来は「味がいい」からという説が主流だそうだ。釣り人の多くが「鰺がいちばん美味い」というという。

たしかに新鮮な鯵は、別格である。

直径25cmのボールです。

悪戦苦闘してできあがったお刺身。

小さくなってしまった切り身も竜田揚げに。

三枚におろした真ん中の骨の部分も、カリカリに揚げました。

翌日は、鯵フライ。こんなに美味しい鯵フライは初めて。

へしこのガーリックポテトサラダにホーリーバジルを添えて、シャンパンを開けました。欧州選手権イタリア優勝を祝って!

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ユミ より:

    釣りたてのお魚はほんとに美味しいですよね。
    この大きさの鯵なら色々お料理も試せますね。
    何年か前、この半分くらいの大きさの鯵を2軒から同じ時期にたっくさんもらった事があって、
    下ろすのに内緒ですが、うんざりしてしまった事がありました。
    ご主人と二人で作業していると楽しそうです。
    鯵の名前の由来、なるほどです。
    小さい鯵はお刺身にも身が小さかったので、たたいでなめろうにすると2、3日は大丈夫ですよ。

  2. さえ より:

    >ユミさん
    釣りたての鯵、本当に美味しかったです♩
    ユミさんは、お婿さんがいろいろ釣ってさばいてくれて、いいな~とうらやましく思っていました。
    でもやっぱり、さばいていないのをもらうこともあるんですね。
    小さい鯵、たいへんそうですね。小鯵ならそのまま唐揚げにしたり、南蛮漬けにもできますけど、中途半端な大きさだったんですね。
    なめろう、美味しそう♡今度いただいたら、ぜひやってみます!

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.