CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

10年ぶりのオニオンロール

10年ほど前のことになる。

手作りパン教室に通っていた。といっても、全5回の短いあいだだ。

前日にこねていったパン生地を、教室で生成し焼いて、5人ほどのメンバーみんなで食べる。そんな楽しい教室だった。

だがこだわりは半端なく、干し葡萄から天然酵母を作るところから始め、マクロビオテックに徹した素材のみを使う。

イメージでいえば、「生成り」な人が集まっていた。

わたし個人を鑑みれば、「生成り」なナチュラリストには憧れはするものの届かない。

 

だが、そのなかにちょっと天然な20代の男子がいた。

天然酵母のパンは少し硬めだが噛めば噛むほど味わいがあり、美味しいものだ。それなのに平気でミミの部分を残し捨てることに、みな驚いていた。

もっとも印象に残っているのは、パン屋さんおススメのボールを購入したときで、若い生なりな女性とわたしは、ボールを手にとり言い合っていた。

「いいよね、これ」

「うん、いいね」

するとわたしにだけ向き直り、彼が訊いた。

「どこが、いいの?」

ピンときた。「いい」とはっきり言う人に、意味なく同調するタイプに見られることが、わたしにはままある。どうもおとなしそうに見えるらしい。

長いものにただただ巻かれる者への軽蔑のまなざしが、彼のなかに見てとれた。

「カーブが美しいし、縁もシンプルじゃない」

けれどわたしがきっぱりと自分の考えを言うと、彼はさもつまらなそうにプイッと離れていった。

自分を持たない人に見られたことよりも、ただただその態度に呆れたものだった。

パンをこねたり天然酵母が発酵するさまを眺めたりするだけで、心優しい気持ちになる教室通いだったが、そのシーンは渋めのスパイスとして記憶に残っている。

 

しかし何よりそこで焼いたオニオンロールが、忘れられないほど美味しかった。

天然酵母ではなくドライイーストの生地をホームベーカリーでこねた簡単バージョンだが、そのオニオンロールをステイホームな時間に再現してみた。

 

渋めのスパイスを残した彼も、10年経ち、今は大人になっているだろうか。

ホームベーカリーで第一発酵まで終えて、8等分にしてガス抜きした食パン生地。

サラダ油、塩、粗びき黒胡椒、オールスパイスで和えた玉葱を巻きます。ほんとはナツメグですが切らしていたのでオールスパイスを使いました。

くるくるっと。これを真ん中に切り目を入れて開くと。

こういう形に。

最終発酵を終えて。2個は何も加えず焼きました。

焼けた~膨らみ過ぎてくっついていました。

焦げがついている部分は、マヨネーズです。

ハイジの白パンをイメージしたプレーンパン。

夕食の主役になりました。

翌朝のご飯も、ブレックファーストな雰囲気に。

そのとき買ったボールは、今も毎日のように活躍してくれています。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ユミ より:

    そうでした、そうでした。
    くるくるっと丸めて、真ん中に切り目を入れて開くとこんな形になって・・・
    1番最初に習ったオニオンロールですが、3回習っただけでお休みすることになったので、すっかり忘れてしまってます。
    いつ再開できるやら・・・また一からです。
    ホームベーカリーを使うにしろ、パン作りってほんと大変ですよね。
    さえさん、すごいです!
    パンを焼ける人、尊敬します。
    夕食も朝食も、手作りパンがあるだけでカフェのように温かみが増しますね。

  2. さえ より:

    >ユミさん
    久しぶりのパン作り、楽しかったです♩
    でももう、イーストが手に入らなくなってしまいましたね。
    みんなやることは同じってことなんでしょうね。
    ユミさんのパン作り教室、楽しそうで、ちょっと影響されたのかも知れません。
    古ーいホームベーカリーがあったので、簡単だし。
    イーストの代わりに、ホシノ天然酵母を買ってみました。
    できるかな~と思いつつ、しばらく楽しみたいと思います。

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.