CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

シンガポールの旅〈1〉ホーカーズ

シンガポールは、赤道より少し上の南の国。

夫は、10年ほど前に仕事で訪れているが、わたしの知識は、マーライオンと、地上200mの屋上にプールがあるスカイパークくらいのもの。

ゴミを捨てると罰金が課せられるから、街がきれいだということは聞いたことがあった。

なので、南のリゾート地というよりは、南の国に作られた都会というイメージがある。

今回シンガポールを歩き、まさにその通りだと思った。あるいは、国じゅうがテーマパークといってもいいかもしれない。

東京23区と同じくらいの広さしかない小さな国には、観光客が楽しめるスポットが目白押しだ。

 

そのひとつが、ホーカーズ。

路上屋台〈ホーカー(Hawker)〉が集められたフードコートのようなもののことで、シンガポールの郷土料理を主に食べられる。

シンガポールの中心街には、それぞれの特色を持ったホーカーズが点在していて、中華中心だったり、インド系、マレー系、人気のシンガポールチキンライスの店が並ぶホーカーズなどなど。

3泊5日の短い旅だったが、ホーカーズのおかげで、様々な郷土料理が楽しめた。

こういうときに、好き嫌いがないというのが、わたしたち夫婦の強みである。

到着が夕方のプランだったので、その日の夜は、マーライオン近くの「マカンストラ・グラットンズ・ベイ」で。

「バクテー(肉骨茶)ヌードル」と。

名前忘れましたが、「ホッケン・ミー(福建面)」っぽい辛い焼きそばを。

こんな雰囲気でした。ビールがいちばん高くて、あまり飲めなかったのが残念!

翌日は、チャイナ・タウン近くの「マックスウェル・フードセンター」でランチ。すごい人。

「人気№1」とある「ラクサ(叻沙)」を。

ココナッツミルク味の甘辛麺。好きな味でした。油揚げが入っているのが、アジアっっぽい。

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」近くの「サテー・バイ・ザ・ベイ」は、サテーの屋台が中心のホーカーズ。

鶏とマトンをオーダー。甘辛味噌が、たまらない。

本物の「ホッケン・ミー(福建面)」も。これを食べて、ホッケン・ミーファンになりました。

 

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2024年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.