CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

静岡おでん

初めて「静岡おでん」を食べた。

中部横断道が開通し、高速道路で山梨と静岡がつながった。それを機に双葉サービスエリアで静岡フェアをやっていて、それを取材してきたのだ。

「静岡おでん」は、人気の土産物だ。

静岡では、おでんに削り節をかけて食べるらしいということくらいは、知っていた。静岡名物「黒はんぺん」が入っているということも。

 

けれど、食べるまえから驚いた。

レトルトのようにお湯で5分ほど温めるのだが(冷蔵品で半年は持つ透明なパッケージに入っている)、器に盛ろうと封を切った途端、海の匂いがした。

もちろん、削り節をかけるまえの時点だ。

「おーっ、出汁の香りがすごい」

やわらかく煮えた黒はんぺんから、海鮮の出汁が濃く沁みだすのか。

そのうえに、アオサ入りの鰯の削り節「だし粉」をかける。

これはまさに「海のおでん」である。

 

静岡おでんの定義としては、①濃口醤油を使う。②牛すじ肉で出汁をとる。③焼津黒はんぺんを入れる。④アオサ入りの鰯の削り節「だし粉」をかける。

この4つが基本らしい。

この濃い色の出汁が、「全部飲んじゃうよ!」と宣言したくなる美味しさだった。ぜんぜんしょっぱくないし、海鮮の旨みが詰まっている。

 

こういうものだよ、と目で見て頭でわかっていても、やっぱり食べてみないとわからないものっていっぱいあるよね。

食レポ用に買ってきたのは、この3点。

まずは、海の香りにノックアウトされた「静岡おでん」でした。

そこにさらに、「だし粉」をかけるのが、特徴なんですね。

翌日のイカと大根の煮物の風味に、「静岡おでん」を感じました~♩

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.