CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

3日後の夕食

5月、神戸への帰省は、3回を数えた。

2泊ほどして家に帰るのは、買い物などしなくても夜7時過ぎ。

さて、それから風呂を焚き、夕飯はどうしようかという話になる。

それが嫌で、日持ちのするものを作っていくようになった。

 

例えば、ラタトゥイユ。また例えば、鰯の南蛮漬け。

酢の利いたこの2品は、冷蔵庫でおとなしく待っていてくれる。

それらと買っておいた出来合いのピザにチーズをのせて焼くのが、このところのパターンだ。

しかし同じものを何度も、というのも芸がない。

「時短レシピ」「夕食」で検索するも、その日に買い物した食材を使うパターンが多く、3日前に買い物したものでの夕食には当てはまらないものが多い。

そこで、次に考えたのが「塩豚」だ。

3日あれば、ちょうどよく塩が回る。傷む心配もない。

帰ってから、茹でても焼いてもすぐに食べられる。

 

ところで、試しに「3日後の夕食」で検索してみた。

「つくおき」というサイトがヒットし、冷蔵庫で3日以上保存できるレシピが、ずらりと並んでいた。

作り置きも、酢が利いたもの以外は3日で食べきりたいわたしだが、忙しい日の夕飯を、時間をかけずに美味しく食べるため、つくおきの世界の扉を開けてみることとしよう。

鰯の南蛮漬けです。人参、あると思っていたのになかった。なので、玉葱オンリーになりました。

出来合いのピザには、ウインナーとチーズを加えて焼きました。

翌朝も、南蛮漬けいただきました。

いただいた伽羅蕗ときのこのマリネと。きのこのマリネも5日くらい持ちますね。

前回は、ラタトゥイユでした。お酢の日持ちがするお惣菜、重宝しています。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.