CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

家ご飯, 外ご飯, 2021.12.28

ゲンコツテールスープ

東京に住む友人が、クリスマスプレゼントに(?)博多のゲンコツテールスープを送ってくれた。「そちらは気温が低いので、ス...

続きを読む

外ご飯, 健康, 神戸, , からだのこと, 2021.12.19

世界一長い雲梯

先週は、父の一周忌で東京へ行き、2日空けて神戸へ行くという強行軍だった。神戸の義父から義母への名義変更などは、本人が...

続きを読む

家ご飯, 外ご飯, 2021.12.17

目玉焼きとサニーサイドアップ

先日、ひさしぶりに朝外食した。デニーズの朝食だ。夫は「サニーサイドアップモーニング」、わたしは「ベースドエッグモーニ...

続きを読む

外ご飯, 高知, , 2021.11.19

足摺岬~臼碆

レンタカーで走ること3時間半。足摺岬に到着した。と言っても最南端の足摺岬ではなく、日本列島で黒潮が最初に接岸する「臼...

続きを読む

外ご飯, 高知, , 2021.11.18

仁淀ブルー

高知市から、レンタカーを借り仁淀川(によどがわ)へとドライブした。車で1時間ちょっと走った「いの町」の渓谷で、青く輝...

続きを読む

外ご飯, 高知, , 2021.11.17

たっすいがは、いかん!

高知で食事をするとよく見かけるのが、たっすいがは、いかん!という、キリンラガービールの広告だ。広告の意味としては「水...

続きを読む

家ご飯, 外ご飯, 2021.10.30

星ノ灯の「柚子香る鶏だしそば」

カップ麺売り場を、のんびり見て歩くのが好きだ。見て歩いているなかで、引っかかるキーワードがいくつかある。「辛」の文字...

続きを読む

外ご飯, ラーメン, 2021.10.05

久しぶりのラーメン

夫との買い物のついでに、久しぶりにラーメンを食べた。たまに買い物に行く長坂町の「きららシティ」に去年できてから、これ...

続きを読む

外ご飯, 神戸, , 2021.09.20

ハーブの使い方

義父の四十九日で、神戸に来ている。台風の影響もなく、ぶじ納骨することができ、ホッとした。役所関係など様々な手続きもで...

続きを読む

外ご飯, 花と木, 神保町, , 田舎で, 2021.09.09

さようなら猿楽町

週の初めに、引っ越しをした。夫が東京で借りていた部屋を、退職に伴い引き払ったのだ。駅で言うと水道橋と神保町のあいだ、...

続きを読む

家ご飯, 外ご飯, 2021.08.15

トムヤンクン風スープ

「お昼、ガパオライスにしようか」夫に提案すると、こう返ってきた。「トムヤンクンスープも、つけてね」じつはトムヤンクン...

続きを読む

外ご飯, 神戸, , 2021.07.25

ぎょうざの店ひょうたん

先週、義母の病院の付き添いや義父の病院での面談などのため、ふたたび神戸へと帰省した。2泊3日だったが、3日目は朝出発...

続きを読む

外ご飯, 2021.04.27

たいへん!

「たいへん!」中ちゃんが、顔色を変えて大きな声を出した。「ああっ! 飛んでっちゃう」小ちゃんも、たどたどしい口調で、...

続きを読む

家ご飯, 外ご飯, 2021.04.24

ファラフェル風サラダ

「Iru(イル)」で食べたファラフェルサラダを再現してみた。とはいえファラフェルを揚げるほどの本気度はなく、ツナ缶で...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 10

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.