CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

外ご飯, 神戸, , 2021.07.25

ぎょうざの店ひょうたん

先週、義母の病院の付き添いや義父の病院での面談などのため、ふたたび神戸へと帰省した。2泊3日だったが、3日目は朝出発...

続きを読む

外ご飯, 2021.04.27

たいへん!

「たいへん!」中ちゃんが、顔色を変えて大きな声を出した。「ああっ! 飛んでっちゃう」小ちゃんも、たどたどしい口調で、...

続きを読む

家ご飯, 外ご飯, 2021.04.24

ファラフェル風サラダ

「Iru(イル)」で食べたファラフェルサラダを再現してみた。とはいえファラフェルを揚げるほどの本気度はなく、ツナ缶で...

続きを読む

外ご飯, 2021.04.19

ファラフェルサラダ

去年取材した「Iru(イル)」は夫の気に入りの店となり、ふたりでたまにランチに行く。ランプレドットサンドがたまらなく...

続きを読む

外ご飯, 2021.04.11

久しぶりのカフェランチ

きのうの土曜、久しぶりに「仁田平マルシェ」でランチした。一度夫を連れて行きたいと思っていた。なにしろ料理は美味しいし...

続きを読む

外ご飯, 美術館, 山梨, , 鑑賞, 2021.03.23

富士吉田ドライブ

写真展を観に行こうと、富士吉田までドライブした。富士吉田は、片道1時間半から2時間ほどで、たまのドライブにはちょうど...

続きを読む

外ご飯, 親子, , 家族のこと 2021.02.22

目標

先週、半月ぶりに上京した。夫の半年に一度の検査には付き添いが必要で、しかし検査結果に異状はなく胸をなでおろす。病院と...

続きを読む

家ご飯, 外ご飯, 2021.02.15

お家で「松竹園」

夫の神戸の友人で、毎年美味しいお肉を持ってバーベキューにやってくる「松竹園」の焼肉をお取り寄せした。届いたのは、アバ...

続きを読む

家ご飯, 外ご飯, 2021.02.14

海老フライと海老カツバーガー

外でランチするときに、どこで何をの結論には、様々なことごとが影響する。毎月第二金曜日は、午前中は手話教室で、午後はエ...

続きを読む

外ご飯, 夫婦, , 家族のこと 2021.01.30

「八ヶ岳ファーマーズ」ミニ写真展

夫である写真家Yasuo Maedaが昨夏撮影した「八ヶ岳ファーマーズ」のミニ写真展といった感じの店内展示を観に行っ...

続きを読む

外ご飯, 長野, 山梨, , 2020.12.20

駅弁の魅力

喪服用の黒いコートを買いに東京駅に出た際、食べたことのない丸政の駅弁を見つけた。その名も「信州名物山賊焼弁当」だ。よ...

続きを読む

外ご飯, 山梨, , 2020.11.16

「terroir愛と胃袋」で

とても久しぶりに、夜、外食に出かけた。北杜市では、コロナ給付としてひとり3万円の商品券が支給された。そのうち1万円分...

続きを読む

外ご飯, 2020.11.09

蕎麦に嫌われて

富士見へと向かう途中、蕎麦屋でランチした。朝食がゆっくりだったから、蕎麦くらいの軽いランチがいい。休日出かけるとそう...

続きを読む

外ご飯, 珈琲&お茶, 山梨, スイーツ, , 2020.10.17

大人のプリン

先月から取材を続けていた隣町にある「PEI COFFEE(ペイコーヒー)」の記事をアップした。そこには、人気のスイー...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 10

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.