CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

「足摺海洋館SATOUMI」

水族館でぼーっとしたいというわたしの希望で、足摺では、「足摺海洋館SATOUMI」にも出かけた。

足摺岬から西に走った竜串湾にあり、その竜串の海を再現しているという四国最大級の大水槽がある。

 

館内は、足摺の原生林に棲むカエルやトカゲなどの爬虫類やカワウソから始まり、プロローグにウミガメ、そして竜串湾のサンゴ、黒潮に乗って足摺に流れ着く熱帯魚たち、足摺、竜串の外洋に生息するクラゲやウミウシ、さらに太陽光が届かない深海で生きる生物たちと進み、最後に竜串湾大水槽が待っている。

 

いったい、どう表現したらいいのだろう。

大きな水槽のなか、自由に泳ぎ回る魚たちを見ていて心が解き放たれていくような、泣きたいような何か頼りない気持ちにもなる不思議な感覚。

重力に左右される制限も少なく、ゆらゆらと揺れる気ままさ。水圧すらも感じさせず、流れるように泳いでいくしなやかさ。

そういうものに、心も身体も共鳴するのかもしれない。

そして、心の奥に隠れている不安定さが、共鳴したそのなかに流れ出すのかもしれない。

そんな感覚にしばらく身を置き、思いのほかリフレッシュして、竜串の魚たちに別れを告げた。

順路のほぼ最初に迎えてくれるカワウソくん。

遊泳するウミガメたち。

サンゴって、植物じゃなくて動物なんですね。

竜串湾に生息するネコザメ。

タッチングプールにいたヒトデとウニ。

サンゴに絡みつくウツボ。

可愛いお顔に見えるエイと、清水さば(ゴマサバ)。

きのこみたいに生えている大水槽のサンゴ。

しばらくぼんやり眺めていた竜串湾大水槽です。広さが写真では伝わらないな~

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. mami より:

    「足摺海洋館SATOUMI」は昨年リニューアルしたばかりですね。
    私が足摺岬へ行った時は古い施設だったのでスルーして
    竜串のグラスボートに乗って海中散策をしました。
    生憎、天候のせいで濁っていて本来の透明度はなかったのですが両親と一緒に行った
    思い出の場所です。

    足摺の海岸もとてもきれいですね。

  2. さえ より:

    >mamiさん
    リニューアルしたばかりだったんですか。
    mamiさんが、竜串のグラスボートがよかったとおっしゃっていたので、乗ろうと思ったんですよ。
    でも静かに見える海だったのに、風で運休。
    残念でした。
    ご両親と行かれたんですか。大切な思い出の場所だったんですね。
    足摺の海は本当に青く、感激しました。
    いろいろ教えていただいて、ありがとうございました。
    楽しい旅になりました(^_-)-☆

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.