CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

映画『彼らが本気で編むときは、』

桐谷健太に魅かれて観た映画は、『かもめ食堂』の荻上直子監督のオリジナル作品だった。

〈story〉

11歳のトモは、母子家庭のひとりっ子。母親はトモに構わず男ができるたびに出ていってしまう。叔父のマキオに助けを求めると、マキオの部屋には同棲中の彼女、リンコがいた。性同一性障害で生まれた時は男だったというリンコ。リンコは、トモを自分の娘のように可愛がるのだった。

〈cast〉

リンコ【生田斗真】トランスジェンダーの介護士。マキオの恋人。

小川マキオ【桐谷健太】リンコの恋人。ヒロコの弟でトモの叔父。

小川トモ【柿原りんか】小学校5年生。まっすぐではっきりとした性格。

小川ヒロコ【ミムラ】トモの母親。男ができると育児放棄してしまう。

フミコ【田中美佐子】リンコの母親。リンコのジェンダーを受け入れるおおらかな女性。

 

マキオは、微笑む。

リンコさんのような心のひとに惚れちゃったらね、あとのいろいろなことはどうでもいいんだよ。

リンコの母フミコは、トモに言い置く。

リンコを傷つけるようなことをしたら承知しないよ。たとえあなたが子供でも、あたしは容赦しない。

リンコは、編む。

あたしはね、これですっげえ悔しいこととか、死ぬほど悲しかったりすることを全部チャラにするの。

トモは、洗剤をかける。リンコを侮辱した大人に。

だがやがて、トモの母親が迎えに来て……。

 

トランスジェンダーに対する差別と偏見に傷つきつつも、マキオやフミコに支えられながら、リンコは自分を肯定して生きていく。

そんなリンコに、トモは人を愛すること、自分を愛して生きていくことを、心に刻んでいく。

母親が出ていき、叔父マキオを頼るトモ。

マキオの家には、ともに暮らすリンコがいた。

リンコが作ってくれたキャラ弁。可愛すぎる~♡

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.