CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

ドラマ『ブラッシュアップライフ』

バカリズムが不思議世界を描いたドラマ『ブラッシュアップライフ』が、終わった。楽しかった!

これは平凡な人生をもう1度やり直す平凡な女性のお話。

〈cast〉

近藤麻美/あーちん【安藤サクラ】人間に生まれ変わるために、5回の人生をやり直す主人公

門倉夏希/なっち【夏帆】あーちんと小・中学校の同級生で、みーぽんと仲良し3人組

米川美穂/みーぽん【木南晴夏】あーちんと小・中学校の同級生で、なっちと仲良し3人組

宇野真理/まりりん【水川あさみ】あーちんと小・中学の同級生だが、近寄りがたい優等生

 

〈story〉

市役所勤め&実家で暮らす33歳独身、近藤麻美は、ある日交通事故であっけなく命を落とした。

目が覚めると真っ白く広い部屋にいて、次に生まれ変わるのは「グアテマラ南東部のオオアリクイ」だと告げられる。人生をやり直し、”徳”を積めば人間に生まれ変われるかもしれないという。そこで、赤ん坊からふたたび人生をやり直す選択をした。

生まれ変わってみると、赤ん坊の姿でありながら、大人の思考回路。1周目の人生の記憶もしっかりと残っているのだった。

 

麻美は、”徳”を積むために、様々なミッションをクリアしていく。

幼稚園時代には友達の父親の不倫を阻止し、中学時代の恩師(嫌いだったが)の痴漢の冤罪を晴らし、祖父の薬の飲み合わせを正して命を救う。

それでも、人間に生まれ変わる道は遠い。

小学生時代から、なっちとみーぽんと仲良くなるチャンスを逃してまで”徳”を積むことに精を出していた4周目のある日、同じように人生を生き直している友人に出会うのだった。

 

このドラマの魅力は、ストーリーのおもしろさもさることながら、何といっても会話である。

たとえば、最終回にたわいない会話で、ここまで盛り上がれるのはすごい。

あーちん:ちょっと、いったん整理させてもらってもいいですか?

なっち:整理?

まりりん:そうなるよね。

みーぽん:まあね、このまま次にはいけないよね。

まりりん:いけないね。

あーちん:なっちーーー!

なっち:え、なに?

あーちん:あたし、超恥ずかしいじゃん。

みーぽん:これは、恥ずかしい。

まりりん:恥ずかしいね。あたしだったら舌かみ切って死ねレベルだね。

なっち:えー、なんで?

あーちん:えーっ! なんでじゃないよ。誕生日当日にみんなでご飯食べててよ、こんな目の前にさ、意味深な紙袋があったらさ、そんなん自分の誕生日プレゼントだと思っちゃうじゃん。

なっち:あー、そういうことか。

この延々と続く、何気なーい会話。あーちんの誕生会のちょっとした勘違いのシーンなんだけど、限りなく平和で、だけどくすっと笑っちゃう感じが、ものすごく愛おしい。

この穏やかで平凡な会話のキャッチボールを、ずっとずっと見続けていたいと思えるドラマだった。

相関図です。ほかにも、キーになるキャストがたくさん出てきました。

いつものカラオケBOXでの仲良し4人組。

人気上昇中の子役、永尾柚乃(ながおゆの)ちゃん、6歳。表情豊かな演技が魅力的でした。

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ぱす より:

    こんにちわ
    ブラッシュアップライフ 終わってしまいましたね~さみしい~。(笑)
    よくできた、とても記憶に残るドラマでした。
    時間がある時、録画したのをまた見返しています。
    「定期ミッション」の回収や伏線もとっても巧み、大勢の人命も救えたし、98歳まで4人で過ごせたし。
    めでたし、めでたしでした。最後に登場したおばあちゃんは、あさみの妹っていうことかな?
    友人同士、同級生同士のトークがまた良かったですね。
    何気ない会話が、ドラマを引き立てていました。

    どの人も上手かったですよね。私的には、みやおかさん・・ハマりました。
    ああいう善良そうな人ほど、要注意ですね(笑)
    豪華キャスティングでしたね。

  2. さえ より:

    >ぱすさん
    こんにちは~♩
    終わっちゃいましたね~さみしい~~~
    ほんと、楽しいドラマでしたね。
    定期ミッションもおもしろいし、その周期にしか出てこない俳優陣も豪華!
    ラストのおばあちゃんは、志田未来の妹ですね~
    「みやおかさんはきこんしゃ」笑っちゃいましたね(^_-)-☆
    しばらくロスですね。
    Huluで、スピンオフやってるみたいだけど、今月だけ契約しようか悩み中です。

PROFILE

プロフィール
水月

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.