CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

「ゴールデンウイーク」と「大型連休」

最近、テレビのニュースなどで「ゴールデンウイーク」という言葉を聞かなくなったなと疑問に思っていた。「大型連休」と言い換えているのには、何か理由があるのか、禁句となったのか? と調べてみた。

 

「ゴールデンウイーク」という言葉は、連休で客の入りが多く見込めた映画界が大作をここに当て、宣伝のために作ったのだとわかった。昭和20年代後半のことだそうだ。

けれどその後の石油ショックで「呑気に休んでもいられないのになにがゴールデンウイークだ」とのムードが高まり、また表記の際に長すぎるなど使い勝手の悪さもあって、NHKでは「大型連休」で統一したという。新聞や雑誌などのメディアも「大型連休」「GW」と短く記載することが多いらしい。

特に禁句となったわけではなかった。

 

コロナ禍、「ゴールデンウイーク」という言葉が持つお祭りムードがよくないのかなと漠然と思っていたが、その半分は当たっていたとも言える。

 

どこに出かけることもなく、のんびり山を眺める連休である。

きのうの八ヶ岳です。

最高峰赤岳には、まだまだ雪が残っていますね。

権現岳にも。

南アルプス連峰。

鳳凰三山です。

アサヨ峰と甲斐駒ケ岳。きのうの朝は冷え込み、山々が澄んだ空気にくっきり浮かび上がりました。

 

☆『地球の歩き方』北杜・山梨特派員ブログ、更新しました。

【5月山笑う頃、夏を待つ山梨の山々~「八ヶ岳」「南アルプス連峰」「富士山」】

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

さえ へ返信する コメントをキャンセル

CAPTCHA


  1. ユミ より:

    そう言われてみれば、テレビでは大型連休って言っていますね。
    ゴールデンウィークは映画界が作った言葉だったんですね。
    ゴールデンウィークに対して、9月の連休をシルバーウィークって言ってた時もあったと記憶しているんですけど、それも作られた言葉だってことはバレバレですね~
    昭和人間だから、いつまでもゴールデンウィークっていう方が、らしいなって思っているんですけど、
    我が家のゴールデンウィークは一足先に終了しました。
    や~っと色々、ひとりの時間を見つめていますよ。
    コロナ禍に風の時代になったのも、何か意味がありそうな気がしてるんです。
    風の時代だからコロナが流行したのか、わからないけれど、今までと違った見方をして、本当に大事な事を考える時代なんだな~って思っています。

  2. さえ より:

    >ユミさん
    ずっと疑問に思っていたんですが、調べてみたらなんのことはないって感じでした。
    映画界が作ったとは新事実でしたけれど。
    わたしたちの世代は「ゴールデンウイーク」ですよね。
    言葉は日々変化するんだな~って、最近では「副作用」と「副反応」で思いました。
    シルバーウイークは、敬老の日とゴールデンウイークに準じる大型連休ってことで、おもしろい言葉を当てたな~と思っていたので、これもまた「大型連休」になっちゃうのは淋しい感じしますね。
    ユミさんは連休おしまいですか~お疲れさまでした(^_-)-☆
    どこにも出かけずのんびりはしていますが、ひとりの時間はやっぱり大切ですよね。恋しい(笑)
    「風の時代」は本当に大事なことを考える時代。なるほどです。

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.