CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

シクラメンふたたび

昨年暮れに友人にもらったシクラメンが、咲いている。

花が終わり葉だけになっても、冬のあいだ家のなかに置き、春になってからは庭で陽にあてていた。

というより、水やり以外は申し訳ないほど放っていたのに咲いてくれた。

 

調べればシクラメンは、葉を枯らして球根だけの状態で夏越しさせる「休眠法」と、葉を残して生育させながら夏越しさせる「非休眠法」の2つの方法があって、初心者は「非休眠法」の方が簡単とあった。

知らないうちに簡単なほうで、咲いてくれたわけだ。

花の色や大きさなどの種類によっても、育ちやすい気温があるらしく、この場所の涼しさが居心地よかったのかもしれない。

 

その葉っぱのお布団で、けろじが気持ちよさそうに日向ぼっこしていた。

冬の花のイメージがあるシクラメンと、夏の生き物アマガエルが仲良くしているのを目にするのは、珍しい。

10月に入り、急に冷え込んだが、いつ頃部屋に入れればいいのだろうか。

可愛いです。去年より、色が濃くなったみたい。

プロペラを回転させるようにして、花開いていくんですね。

ふかふかの葉っぱの上で、けろじ気持ちよさそう。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.