CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

スズメの巣立ち

我が家の軒天に巣をかけたスズメたち。

ようやく雛が、巣立っていった。

そのうちの一羽が、ウッドデッキの上にある飾り棚にとまり、しばらくチュンチュン鳴いていた。

「雛だよね」

「もしかして、飛ぶのがこわいのかな」

夫と見守る。

隣りの森にも、赤松の木の上にカラスがかけた巣があり、その雛たちも巣立ちを迎えている。まだ「カアカア」とちゃんと鳴けずに「アーアー」と聴こえる声はあどけなく可愛らしくもあるが、スズメにとっては天敵だ。

「勇気を出せ。飛べ」

静かに応援していると、10分ほどで庭のヤマボウシの枝に飛んでいった。雛のなかでも繊細さんで臆病さんなのかもしれない。

 

『トリノトリビア』を開くと、意外なページを見つけた。

スズメはときに敵中で子育てする

オオタカなどの猛禽類は樹上に巣を作るのだが、その巣の下の隙間にスズメが巣をかけることがあるそうだ。天敵から雛や身を守るために、猛禽類をボディガードにしているらしい。もちろん、彼らには気づかれないように。

とはいえ、スズメは、

オオタカの食物のうち、いちばんの人気メニューとなっています。

(がんばれ)

巣立っていった雛に、言葉にせずエールを送った。

みにくいアヒルの子、ならぬ(笑)オスかな、メスかな。

このアオゲラが空けた穴に巣をかけていました。

『トリノトリビア』は、継続的に楽しめる本です。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.