CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

タカサゴユリ

今年も、タカサゴユリ咲く季節がやって来た。

庭のタカサゴユリは、少しずつ増えていて、けっこうにぎやかだ。

植えた覚えのない花だが、どこからか種が飛んできていつのまにやら十本以上も根づいている。

繁殖力の強さもあるのだろうが、根づいた球根から出る芽は、ほかの雑草と一目で違う雰囲気があり、抜かずに見守っているからこそ、増えていく。

以前もかいたが、うちの庭だけではなく、みなそうやってタカサゴユリを抜かずに見守っている。庭で、畑や田んぼの畦で、道作りで、残しておこうと鎌を持つ手を止める。

白く可憐な花が、夏の終わりに咲くのを楽しみに、そうしているのだ。

 

見守ってくれている人。

大切に思ってくれる人。

どんなときにも味方になってくれるであろう人。

そういう人がいるからこそ、生きていけるのだとタカサゴユリの白を見ていて、ふと思った。

東側の玄関前の石垣に根づいたタカサゴユリ。

こっちだけで、20ほどの蕾がありました。

西側の庭に咲くタカサゴユリ。

ウッドデッキの下にも、咲いています。

アップルミントの花に、ヒメシジミがとまっていました。羽を開くと薄紫色なんですよ。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. hanamomo より:

    自生の鉄砲百合きれいですね。
    背が高くなる百合でしょう?
    他の方のブログでも見ました。

    我が家は元は小高い山だったせいか、山百合が自生しています。
    今はあちらこちらに増えています。

    山百合もそうですが、この百合もこうして咲いている姿が一番いいですね。

  2. さえ より:

    >hanamomoさん
    ショックなことがわかりました。
    テッポウユリじゃなくて、タカサゴユリだそうです。
    外来種で増え続けているらしく、駆除の対象にはなっていないそうですが、問題視はされているみたいです。
    ただただ、真っ白できれいだな~と見ていられればよかったのですが、人間の自分勝手な行動によって自然を壊してしまっているのだとしたら悲しいですね。
    山百合、美しいですよね。
    百合に罪はないと思います。

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.