CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

今しか見られない風景

「朝ご飯前に、上ってみない?」

土鍋で栗ご飯を炊いていたら、夫が言う。

「久しぶりに、八ヶ岳が見える」

夫が退職し、もう朝食を急ぐ必要もないので、ふたり足場に上ってしばし八ヶ岳を眺めた。

 

「今しか見られない風景だね」

「大工さんが、足場買い取ってつけっぱなしにしといたらって言ってたけど」

「それもいいかも」

なんて話ながら、足場を組んでいるあいだに、青く晴れあがった空のした雲と遊ぶ八ヶ岳が見られてよかった、と思う。

もしかしたら、足場は関係なく、今見ている風景は、今しか見られない風景なのかもしれない。

八ヶ岳。秋の雲と遊んでいるみたい。

屋根の向こうに見えます。

田んぼの緑がまた綺麗。

最高峰、赤岳。

権現岳。

西側の空。

ここまで上っても、南アルプス連峰は見えないなあ。赤松、高い!

赤松よりも、高い高い秋の空。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.