CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

初日の出~今年の漢字

元旦の朝、初日の出を見に出かけた。

車で5分ほど走った明野町内に、富士山と日の出がコラボレーションで見られる場所がある。

朝7時前、空が白み始めた頃には、マイナス4℃。空気が凍っていた。

やはり初日の出を見に来た人たちが、駐車場に車を停めていた。5台ほどだったが、次々走ってくる。

日の出まで車中で待機している人が多く、しばらく外に出て待っていたけれど、また車に引き返すほどの寒さ。

そんなふうにして20分ほど過ごして、日の出のときを迎えた。

 

「元旦」は、新年最初の太陽が昇る様子をイメージした漢字で、だから「日」の下に地平線が引かれているのだという。

地平線ではなく、森の木々から顔を出した初日の出だったけれど、美しかった。

空気が凍り、それだけに富士山も澄んで見えた。

そのとき、今年2022年の漢字は「美」にしようと決めた。

美しいものをたくさん目にして、心の奥で感じる年にしたい。

早朝6時52分の富士山。

東の空には、富士山似の雲が赤く染まっていました。

西には、南アルプス連峰鳳凰三山が、同じく赤く染まって。

7時19分。ようやく初日の出を拝みました。

明るい年になりますように。

 

☆『地球の歩き方』北杜・山梨特派員ブログ、更新しました。

【2022年初日の出&富士山~山梨県北杜市明野町から】

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.