CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

花桃寺

寄り道。道草。遠回り。

そのなかに秘密の時間が隠れていそうで、心魅かれる言葉である。だが。

近道。裏道。抜け道。

こちらにも、魅かれる。どちらも道をそれることに変わりはなく、やはり密やかな何かを感じる。

何もなくてもいいのだけれど、何かがあるとちょっとうれしい。

 

町内に花桃寺があり、ふと気になって通ってみると満開だった。

3年前に見つけた「長龍寺」だ。勝手に「花桃寺」と呼んでいる。

見つけた3年前、一本の木に色の違う花をつける花桃の咲き方を「源平咲き」というのだと知った。花桃は、花を観賞するために品種改良された桃の木だそうだ。

雛祭りに飾られるピンクの八重咲きを「矢口」、純白の花だけを咲かせる「関白」、紅白ピンク色々咲く「源平」と呼び分けられているらしい。

 

普段通らない道なので、1年前も2年前も見過ごしてしまった。

我が家は坂の途中にあって、町のメインストリート(といっても路線バスは2時間に1本ほどののどかな道だが)を通り、くねくねと急な坂道を上ることが多い。

花桃寺は、メインストリートと並行して我が家よりも少し上を通る道に位置している。ほんの少しだが遠回りになる。時間にしておよそ2分程度か。

遠回り。

この言葉に心魅かれることすら忘れていた自分に、気づく。

季節はこうして、人間に微かだけれど大切にしていた何かを、不意に手渡してくれるのだ。

「長龍寺」です。どれも枝垂れですね。

右にも。

左にも、花桃の木が立ち並ぶ参道。

「山華桃」とかかれています。

「源平」です。不思議で、美しい。

「関白」ですね。真っ白もきれい。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.