CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2022.12.31

栗の甘露煮

秋に収穫した栗がチルドルームで眠っていたので、栗の甘露煮を煮た。初めての体験。といっても煮るのはなんてことはなく、栗...

続きを読む

花と木, イタリア, 田舎で, 2022.12.14

イタリアカサマツ

ローマの記事をかいていて、たびたび写真を見返していると、イタリアカサマツがあちらこちらに写っていてなつかしくなる。日...

続きを読む

花と木, 生き物, 四季, 田舎で 2022.12.08

ジョウビタキと赤い実

「あれ、ジョウビタキのメスじゃない?」朝起きたばかりに、夫が、リビングの西側の窓の外を指さした。「あ、ほんと。オスよ...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2022.11.29

切り干し大根の甘み

近所の農家さんに、切り干し大根をいただいた。そのままかじってみたら、なんとも甘い。もうしばらく天日に干した方が美味し...

続きを読む

花と木, 四季, 田舎で 2022.11.26

ツルウメモドキの由来

庭のツルウメモドキがオレンジ色のガクを開き、赤い実を見せている。きれいだ。一枝切って、一輪挿しに飾った。いつしか庭に...

続きを読む

花と木, 俳句, 日々の暮らし, 田舎で 2022.11.02

講座「俳句を楽しむ」~秋風

最終回、5回目の俳句講座のお題は「秋風」だった。「紫陽花」「大暑」「盆」「月」ときて「秋風」。6月から夏を通り越して...

続きを読む

花と木, 生き物, 四季, 田舎で 2022.09.24

アキアカネ

庭に、赤トンボが飛んでいる。たぶん、赤トンボ代表のアキアカネだろう。22年前にここ山梨の田舎に越してきて、初夏からす...

続きを読む

家ご飯, 花と木, 四季, , 田舎で 2022.09.12

栗ご飯~秋の味

庭の栗が、落ち始めた。木に生っているのはまだ青い毬栗ばかりだが、落ちた栗が立派に色づいていたので、1合分だけ栗ご飯を...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2022.09.10

茗荷の夏がゆく

雨の朝、探し回ってようやく小さな茗荷を2つ収穫した。「茗荷、ラストみたいだよ。ずぶ濡れになっちゃった」朝食の準備の途...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2022.08.30

夏野菜のカレーとフランスパン

近所で自給自足に近い暮らしをしている方から、夏野菜をいただいた。大きな南瓜のほかは、今日収穫したばかりの野菜たち。胡...

続きを読む

花と木, 田舎で 2022.08.20

コバギボウシ

春先に苗をいただいて植えた、コバギボウシの花が咲いた。薄紫色の蕾がいくつか縦に並び、咲き始めた花はうつむいて咲いてい...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2022.08.18

叩き胡瓜の酢醤油漬け

栗原はるみレシピの「叩き胡瓜の酢醤油漬け」を、お向かいさんに教えて喜ばれた。我が家の夏の定番になりつつある常備菜だ。...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2022.08.15

胡瓜パーティ

台風で強い雨が降っていたので、買い物には行かず、あるもので済まそうということになった。冷凍庫にシーフードミックスとピ...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2022.08.12

広がりすぎた庭の茗荷

庭の茗荷を、初収穫した。ずっと気にはなっていたけれど、茗荷が広がりすぎている。右手のスズランは数が減り、左手のクリス...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 27

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2023年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.