CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

, , 田舎で 2022.01.18

夕刻のドライブ

夕刻、町内の薬局まで車を走らせた。車窓から、片側だけ夕焼けに染まった富士山が見える。ちょうどきれいに見える場所を通っ...

続きを読む

, 山梨, 田舎で, 2022.01.04

三国峠

日常的に、富士山の写真を撮っている。年に一度、年始めに『地球の歩き方』で「富士山オンパレード」の記事をかくためだ。今...

続きを読む

, 山梨, 田舎で, 2022.01.02

初日の出~今年の漢字

元旦の朝、初日の出を見に出かけた。車で5分ほど走った明野町内に、富士山と日の出がコラボレーションで見られる場所がある...

続きを読む

, 手話, 日々の暮らし, 田舎で 2021.12.13

蛍光ペンで塗ったような八ヶ岳

毎朝八ヶ岳は、様々な顔を見せてくれる。たいてい6時半に起きるのだが、日の出で赤く染まった姿はよく見られる。だが、その...

続きを読む

, 四季, 田舎で 2021.12.10

権現岳と三ツ頭

八ヶ岳が、雪化粧を濃くしたり薄くしたりを繰り返している。八ヶ岳の「八」という字には8つの山ではなく「たくさん」という...

続きを読む

, 山梨, 田舎で, 2021.12.05

富士山の雲

地震に起こされるようにして、慌てて起きた朝。東京の友人から、LINEをもらった。珍しく山梨を震源とした震度5の地震を...

続きを読む

, 四季, 山梨, 田舎で, 2021.11.27

八ヶ岳颪

11月の『地球の歩き方』ラストの記事は、八ヶ岳颪(おろし)にした。じつは「颪」という漢字を知らず、記事をアップしてか...

続きを読む

, 山梨, 田舎で, 2021.11.09

富士川町とのご縁

富士川町の富士山絶景スポットに、行ってきた。冬至の頃には日の出時刻にダイヤモンド富士が見られるというビューポイントが...

続きを読む

, 四季, 田舎で 2021.11.08

青い山、白い山、赤い山、黒い山

毎朝、6時半に起きる。夫が退職し、彼が決めたルールだ。規則正しく暮らしたいと考えてのことだろうと、わたしも受け入れた...

続きを読む

, その他, 四季, 田舎で, 読書 2021.10.29

始まりの瞬間には何もない

朝起きて、まず八ヶ岳を見る。ああ、今朝は白く美しく冠雪している。ああ、八ヶ岳おろしを吹かせる分厚い雲をかぶっている。...

続きを読む

, 四季, 山梨, 田舎で, 2021.10.22

八ヶ岳初冠雪

昨日の南アルプス連峰に引き続き、八ヶ岳の初冠雪をカメラに収めた。前日、八ヶ岳おろしを吹き荒れさせた雲は、すっかり消え...

続きを読む

, 四季, 山梨, 田舎で, 2021.10.21

甲斐駒ヶ岳初冠雪

今年も、南アルプス連峰と八ヶ岳が初冠雪を迎えた。今回、初冠雪について、新しい知識を2つ得た。ひとつは、富士山初冠雪の...

続きを読む

, , 田舎で 2021.10.13

黄昏時の彩雲

夕刻の散歩で、虹色に光る雲を見つけた。様々な形の雲の共演といったような空で、ぼんやりと西の空を眺めながら歩いていた。...

続きを読む

, , ペペペ日めくりカレンダー, 日々の暮らし, 田舎で 2021.10.07

予言

「予言だ」「なに? ペンキ塗りだった?」朝、ペペペ日めくりカレンダーをめくって目を丸くするわたしに、夫が日めくりをの...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 9

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.