CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

花と木, , 四季, 田舎で 2021.05.07

ヤマツツジの明るい朱色

散歩コースの堰沿いの道は、今、ヤマツツジが花盛りだ。森に自生している朱色のツツジで、新緑が日々濃く色づいてゆくなか、...

続きを読む

, 四季, 田舎で 2021.05.04

「ゴールデンウイーク」と「大型連休」

最近、テレビのニュースなどで「ゴールデンウイーク」という言葉を聞かなくなったなと疑問に思っていた。「大型連休」と言い...

続きを読む

, 四季, 田舎で 2021.04.23

山笑う

ようやく薪ストーブが、休んでいる。まだ稼働する可能性はあるが、暖かな日が続き、夜も暖房なしで眠れるようになった。東京...

続きを読む

家ご飯, , , 四季, , 田舎で 2021.04.16

大きなカブ

いつものスーパーに「大きなカブ」とポップにかかれた蕪が並んでいた。たしかに、大きい。普通の蕪の3倍、いや4倍くらいは...

続きを読む

花と木, , 山梨, 田舎で, 2021.04.02

信玄堤の桜

『地球の歩き方』北杜・山梨特派員ブログ、今年度最初の記事は、桜にした。手話教室に向かう途中に通る「信玄堤」の桜だ。毎...

続きを読む

, おしゃれ, ハン・ガン, 日々の暮らし, 田舎で, 読書 2021.02.26

4つの言葉

『すべての、白いものたちの』のなかに、興味深い一節があった。「白木蓮」のなかの一節だ。亡くなった大学の同期生ふたりの...

続きを読む

, , 日々の暮らし, 田舎で 2021.02.21

窓のなかの八ヶ岳

一年とちょっとぶりに、ツリークライマーに来てもらった。まえに来てもらったときに取材した記事は、こちら。【田舎暮らしに...

続きを読む

, ハン・ガン, 田舎で, 読書 2021.02.02

スマホから顔を上げると、白い色が揺れた。縦長のブラインドのようなカーテンが微かに揺れるたび、黒い布張りの椅子に陽の光...

続きを読む

, 四季, 田舎で 2021.01.26

まだ見ぬ顔

きのうの朝の八ヶ岳は、初めて見る顔をしていた。特別に白かったのである。山頂付近が白く染まるのはこの季節珍しくはないが...

続きを読む

花と木, , 四季, 田舎で 2021.01.20

間一髪

家が揺れ、夜中に何度も目が覚めた。地震ではない。強風にぐわんぐわんと家が揺すられていたのだ。朝先に起きていた夫が、た...

続きを読む

花と木, , 家仕事, 日々の暮らし, 田舎で 2021.01.12

金の熊手と銀の熊手

雪が降るまえにと、側溝の落ち葉とりをした。お向かいのご夫婦と一緒に、スコップや熊手、箕などで溝に落ちた枯れ葉を集め、...

続きを読む

, , 田舎で 2021.01.03

正月、空青く

きのう2日は、今年初めて夫婦で近所を散歩した。「今日の空、すごいね」歩き始めてすぐに言ったのは、空の青さがいつにない...

続きを読む

, 山梨, 田舎で, 2021.01.02

富士山オンパレード

元旦は、のんびりと富士山の写真を集めた。昨年も1月に「富士山オンパレード」を企画したので、1年分の写真で構成できるか...

続きを読む

, 四季, 田舎で 2020.12.23

凍った季節、人の心に咲く花たち

今シーズン初めて、風花が舞うのを見た。このところの冷え込みは、「冷え込む」や「寒い」という言い回しでは、まるで伝わら...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.