CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

, 田舎で 2016.11.05

自分のなかにあるエネルギー

一昨日、八ヶ岳に雲がかかっていた。冬、「八ヶ岳おろし」と呼ばれる木枯らし、強い北風を起こす雲だ。越してきた頃、山がきれいだと見ていると、地元の人に言われた。「山なん、いっ...

続きを読む

村上春樹, 読書 2016.11.04

『恋しくて』(2)

村上春樹セレクトの十編のラブ・ストーリーからなる短編集『恋しくてTen Selected Love Stories』(中公文庫)を、読み終えた。2つ目に紹介するのは、ペー...

続きを読む

日々の暮らし, 雑感 2016.11.03

新しい道

新しい道が、できていた。北杜市を北に上る用事があり、車を走らせていて、「うわっ!」ひとり車のなかで、歓声を上げる。いつもの道が、いきなり知らない道に変わっていたのだ。どこ...

続きを読む

ラーメン, 2016.11.02

いつでも何かに気をとられてる

久々に、目を見張った。初めて行ったラーメン屋でのことである。「『豚火(とんか)って、ラーメン屋さんが美味しいんですよ」甲府に出た際、若い友人に教えてもらい、立ち寄ってみた...

続きを読む

生き物, 田舎で 2016.11.01

みんな猿に見えてくる

林を隔てたお隣りさんと、立ち話をした。「2階のベランダに、猿らしき足跡がついていたのよ」と、彼女。「えーっ、怖いですね。何しにベランダに上ってきたんだろう?」と、わたし。...

続きを読む

村上春樹, 読書 2016.10.31

『恋しくて』(1)

村上春樹セレクトの短編集『恋しくて Ten Selected Love Stories』(中公文庫)を、読んでいる。もちろん翻訳も村上春樹だ。翻訳した短編小説は9編でラス...

続きを読む

日々の暮らし, 雑感 2016.10.30

過不足なく季節にあわせて

きのうの土曜、サッカーを観戦した。お隣りは韮崎市中央公園での高校サッカーの予選試合である。誰が出ているわけではないが、息子の母校でも応援しようかと観に出かけたのだ。入場料...

続きを読む

家ご飯, 日々の暮らし, , 雑感 2016.10.29

小さなきっかけを作る

「面倒くさいな」ひとりランチ家ご飯。つい、ひとりごちる。ひとりのご飯なんか何でもいいようにも思うけれど、周期的にこんなふうに面倒に感じるときがある。たいてい疲れがたまって...

続きを読む

家ご飯, 2016.10.28

明野の浅尾大根

予約が入った。灰である。薪ストーブを燃やしたときに出る灰を、今年も分けて欲しい。そう言って近所の農家さんがやってきた。手には、立派な大根を一本。「そろそろかなって抜いてみ...

続きを読む

外ご飯, 夫婦, , 家族のこと 2016.10.27

言い散らかしのススメ

「夫婦二人じゃ話すことないし、気詰まりだよなあ」そんな言葉を、ここ何年かで耳にすることが多くなった。末娘の大学入学と同時に夫婦二人の生活となったわけだが、子ども関係の友人...

続きを読む

中澤日菜子, 読書 2016.10.26

『お父さんと伊藤さん』

中澤日菜子の小説『お父さんと伊藤さん』(講談社文庫)を、読んだ。34歳フリーターの彩は、54歳バツイチ、アルバイトで給食のおじさんをしている伊藤さんと暮らしている。古くて...

続きを読む

健康, からだのこと 2016.10.25

ベッドのなかで

50歳を過ぎてから、朝早く目が覚めるようになった。歳をとると早起きになる、とはよく聞くことなので、まあ普通のことなのだろうと受け入れている。とは言え、目が覚める時間が半端...

続きを読む

, 田舎で 2016.10.24

どこまでも続く秋の空

きのうは、よく晴れた。ゴミを出しに行くと、田舎なのでゴミ集積所までも車を走らせるわけだが、秋の空を自由に浮遊する雲たちと少し霞んだ山々が見えた。集積所の近くには、南アルプ...

続きを読む

家ご飯, 2016.10.23

かき菜の匂い

家庭菜園をしているご近所さんに、採り立てのまだ若いかき菜をいただいた。「根っこは硬いから、とってね」言われるまま、キッチンで根をもいでいく。もぐたびに菜っ葉の匂いがつんと...

続きを読む

1 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.