CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

乃南アサ, 読書 2021.07.08

『いっちみち』

『いっちみち』というタイトルは、「行ってみて」という大分の方言だ。冒頭の短編はこの表題作で、芳恵は故郷へ行こうと思い立つ。さっと行っちみち、ぱっと見ち、すぐ帰っちきち――...

続きを読む

家ご飯, 2021.07.07

玉葱の粗みじん切り

神戸から帰ってきた日のお昼は、カップラーメンにした。選んだのは日清の麺NIPPONの八王子だ。「寶CRAFT」と同じく、日本各地のご当地ラーメンをカップ麺で楽しめるシリー...

続きを読む

家ご飯, 山梨, , 2021.07.06

中部地方で関東甲信越で首都圏

そろそろ桃の季節。ということで、山梨産の”桃”のお酒を紹介した。さて。そのひとつに宝酒造が出した酎ハイ「寶CRAFT山梨のもも」があるのだが、これが人気シリーズらしく全国...

続きを読む

花と木, 夫婦, ペペペ日めくりカレンダー, 日々の暮らし, 家族のこと, 田舎で 2021.07.05

自分の重みで

神戸から帰ると、玄関脇に咲くアナベルが2本折れていた。大きく立派に咲いたアナベル。日々大きく花開いていく自分の重さを、細い茎がやっとのことで支えていたのだろう。雨粒をまと...

続きを読む

加藤千恵, 読書 2021.07.04

『あとは泣くだけ』

本屋をゆっくり歩くと、知らない作家の本に出合う。加藤千恵は、高校生歌人として短歌集でデビューした30代の女流作家だ。7編の短編にアイテムとして置かれているのは、過去に大切...

続きを読む

花と木, 夫婦, 親子, 家族のこと, 田舎で 2021.07.03

アガパンサス

神戸の街を歩いていて、何度も目についたのは、アガパンサスだ。花の名はわたしの方が多く知っているが、最近夫が植物図鑑アプリをスマホに入れた。写真を撮ると、花の名や性質、育て...

続きを読む

おしゃれ, 神戸, 日々の暮らし, 2021.07.02

ニューバランスのスニーカー

1年半ぶりに、神戸に帰省した。義父が入院し、大事には至らなかったが、状況は少しずつ変わりつつある。あさイチで特集していて、ちょうど欲しいと思っていたこともあり、病院その他...

続きを読む

花と木, ハン・ガン, 田舎で, 読書 2021.07.01

白い花の魅力

白い花に、なぜかとても魅かれる。空から舞い降りた天使のように感じるからかもしれない。なぜか、と考えたとき、韓国の女流作家ハン・ガンの『すべての、白いものたちの』の一節を思...

続きを読む

家ご飯, 2021.06.30

ヤングコーン

あけの農さん物直売所で、ヤングコーンを見つけた。この季節ならではの、大好きな野菜だ。とうもろこしを美味しく実らせるために間引きした、若く小さなとうもろこし以前の実は、ヤン...

続きを読む

花と木, 日々の暮らし, 雑貨, 田舎で 2021.06.29

ハッカマスク

東京に行った際、ハッカマスクを購入した。北見ハッカ通商のものだ。ハッカの香りが爽やかで、これから本格的にやってくる夏の季節にはぴったり。洗っても、香りは持続するという。と...

続きを読む

花と木, 日々の暮らし, 雑感, 田舎で 2021.06.28

電話番号の頭の0(ゼロ)

夢には二通りある。訳のわからない夢と、目覚めてなぜこんな夢を見たのかという理由がはっきりとわかる夢だ。後者の夢を見た。3人の子供たちを自転車に乗せている。まえに末娘を、後...

続きを読む

家ご飯, 親子, , 家族のこと 2021.06.27

へしこ?

氷見の「糠ぶりオイル漬け」と「蛍いか沖漬け」を購入する機会があった。日本酒の肴にと、先に鰤を食べた夫が言う。「”へしこ”みたいな味だよ」「えー、そうなの?」怪訝な顔をする...

続きを読む

三浦しをん, 読書 2021.06.26

『天国旅行』

三浦しをんの短編集『天国旅行』は、心中や自殺をモチーフにした7編が収められている。「森の奥」義父母の介護に追われ、会社では早期退職を勧められ、息子がバイクで幼稚園児をはね...

続きを読む

家ご飯, 山梨, ポルトガル, , 2021.06.25

ポルトガルから来た”とうもろこし”

山梨産とうもろこしを使ったスナックを特集した。山梨県には「甘々娘」や「きみひめ」「ゴールドラッシュ」といったブランドとうもろこしが生産されている。朝採りとうもろこしは本当...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 128

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.