CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

花と木, 山梨, 俳句, 日々の暮らし, 田舎で, 2024.03.18

河津桜と句碑

久しぶりに、日帰りドライブで遠出した。夫が、南部町へ写真展を観に行きたいという。山梨のなかでも長野寄りの我が家からは、けっこう遠い静岡寄りの町だ。そこまで行くのなら、桜の...

続きを読む

家ご飯, 山梨, 家仕事, 日々の暮らし, , 2024.03.17

味噌造り初参加

今年は、ぶじ味噌造りに参加できた。初参加だ。去年は、タイミング悪くぎっくり腰で寝込み、参加できなかった。今年は『地球の歩き方』の田舎暮らしの楽しみ方シリーズで記事にしたか...

続きを読む

家ご飯, 2024.03.16

春のおでん~黒はんぺんを入れて

雪が降ると、おでんを食べたくなる。ということで、スーパーのおでんの具材売り場に立ったのだが、この季節ならではの現象に向き合った。まだまだ寒い日が続くなかで、しかしおでん具...

続きを読む

美術館・博物館, 鑑賞 2024.03.15

「マティス~自由なフォルム」展

先週東京へ行った際、「国立新美術館」でマティス展を観てきた。「マティス~自由なフォルム」と題し、「巨匠がニースに遺した切り紙絵のあざやかな世界」とコピーが添えられている。...

続きを読む

四季, 俳句, 日々の暮らし, 田舎で 2024.03.14

春の水~春の季語

先日の俳句の講演会で、講師の長谷川櫂氏の春の水を詠んだ句がとても素敵で、「春の水」という季語の鮮度のようなものを受けとった気がした。春の水とは濡れてゐるみづのこと  長谷...

続きを読む

家ご飯, 外ご飯, 2024.03.13

理想のフォカッチャを求めて

天然酵母で、フォカッチャを焼いてみた。このところ、ランチなどでフォカッチャを食べる機会が何度かあり、砂糖を使わないあっさりタイプのフォカッチャに挑戦したいと調べていた。食...

続きを読む

美術館・博物館, 俳句, 日々の暮らし, 鑑賞 2024.03.12

俳句の里境川「飯田龍太を語る会」

日曜日。句会の友人たちと飯田蛇笏、龍太の生家「山廬(さんろ)」がある境川での講演会「飯田龍太を語る会」を聞きに出かけた。せっかくなので「山廬」を見学し、ランチでおしゃべり...

続きを読む

外ご飯, 生き物, 親子, 俳句, 日々の暮らし, , 家族のこと, 田舎で 2024.03.11

桜祭りの提灯に

先週、東京の施設で暮らす母を訪ねた。入院中は、4人部屋でケータイも持ち込み不可だったので、一人部屋で好きな時間に電話したり、好きなテレビを観たり、新聞を読んだりできる今の...

続きを読む

原田マハ, 読書 2024.03.10

『楽園のカンヴァス』

引き続き、原田マハを読んでいる。ルソーとピカソが生涯抱えた秘密とは!?若き二人の研究者の鑑定対決。リミットは7日間……!などと謳われ、絵画ミステリーともいわれる、アートを...

続きを読む

スペイン, 2024.03.09

マドリードの紋章「熊とイチゴノキ」

昨年秋から続けてきた『地球の歩き方』の連載「山梨特派員スペインへ行く」シリーズも15回を数え、最終回とした。ラストは【簡単スペイン語フレーズ・セレクト10】スペインで役立...

続きを読む

四季, 俳句, 日々の暮らし, 田舎で 2024.03.08

春の雪~春の季語

毎週のように、雪が降り、積もっている。3月に入り一週間。二十四節気では、啓蟄だというのに、虫たちも雪の下でまだまどろんでいるだろう。「春の雪」は、春の天文の季語。春の雪青...

続きを読む

家ご飯, 2024.03.07

アンチョビの代用品~ポテトサラダ

アンチョビを、買い忘れた。カレーのサイドメニューにアンチョビガーリックのポテトサラダを作ろうと、ほかの買い物はすっかり済ませたのに。冷蔵庫には、使いかけのアンチョビが2枚...

続きを読む

手話, 日々の暮らし 2024.03.06

手話まつり2024

3月3日は、快晴だった。わたしが参加し始めてから、こんなに穏やかな天気だったのは初めてだ。「手話まつり」も、今年で9回目。年々、パワーアップしているように感じる。今年は、...

続きを読む

, 珈琲&お茶, 2024.03.05

グァテマラの珈琲

今回AKITO COFFEEで購入したなかに、グァテマラの珈琲があった。『読むだけで世界地図が頭に入る本』で、ホンジュラス、エチオピア、コロンビア、ルワンダ、タンザニア、...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 199

PROFILE

プロフィール
水月

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2024年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.