CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

家仕事, 日々の暮らし, 雑貨 2021.06.10

ぽすくま1円切手

人気のぽすくま1円切手を、ゲットした。といっても、人気が出て再発行となったため、どこの郵便局でも手に入るようになったのだ。町内の郵便局で、「ぽすくまの1円切手、ありますか...

続きを読む

生き物, 山梨, 田舎で, 2021.06.09

羊を数える

去年アップできなかった「まきば公園」の記事をようやくかくことができた。公園には草を食む羊たちがいて、前回のようにケンカするシーンも見られず、ただただのんびりと歩いてきた。...

続きを読む

よしもとばなな, 読書 2021.06.08

『白河夜船』

わたしは一日、8~10時間は眠る。眠っているのか意識があるのかはっきりしない時間もかなりあって、夢うつつな日々である。子供の弁当を作るのが苦手だったせいか、弁当箱を片手に...

続きを読む

花と木, 田舎で 2021.06.07

ウメガサソウ

隣りの森に咲いている、小さな小さな花を見つけた。ウメガサソウだ。5枚の丸い花びらを持つ梅に似た白い花で、下向きに咲く様子が笠のようにも見えることから「梅笠草」と名づけられ...

続きを読む

映画, 鑑賞 2021.06.06

映画『罪の声』

星野源さん、新垣結衣さん、ご婚約おめでとうございます。ということで、映画『罪の声』を観た。〈story〉日本じゅうを震撼させた「グリコ森永事件」をモデルとした35年前に起...

続きを読む

家ご飯, , 2021.06.05

無印良品のシリコンスプーン

無印良品のシリコンスプーン。購入してから2か月ほどだが、すでになくてはならない存在感を発揮している。朝食には目玉焼きのほか、納豆オムレツもよく焼く。混ぜた卵をフライパンに...

続きを読む

花と木, 田舎で 2021.06.04

ラッセルルピナス

続けて、清里駅の花壇に咲いていた花。「うわ、大きい。それに、細長ーい」そう思ったのは、ラッセルルピナス。イギリスの園芸家ラッセルさんが改良した観賞用の花で、咲いていたのは...

続きを読む

花と木, 山梨, 田舎で, 2021.06.03

キバナフジ

黄色い藤の花が、咲いていた。ハッとさせられるような原色に近い黄色だ。太陽の光を浴びてまぶしく光っている。取材で出かけた、JR小海線清里駅でのことだ。「キバナフジ」と、手が...

続きを読む

, 山梨, 田舎で, 2021.06.02

1/fゆらぎ

新しい月になったので、清里方面に取材に出かけた。目指したのは、「千ヶ滝」だ。熊出没の恐れのある精進ヶ滝を取材したとき、ひとりで行くのは危険だと夫に叱られた。なので、駐車場...

続きを読む

北村薫, 読書 2021.06.01

『水に眠る』

解説がとても豪華だ。10編の短編ひとつひとつに、そして総論として、作家や編集者、コラムニスト11人が思いのたけを綴っている。そのなかには個人的に好きなミステリー作家、若竹...

続きを読む

美術館, 鑑賞 2021.05.31

「アフリカンアートミュージアム」

北杜市内の「アフリカンアートミュージアム」に出かけた。アフリカンアートは、日本ではここでしか観られないそうだ。それが、なかなかにおもしろかった。四角い布も、上下も左右も平...

続きを読む

花と木, 田舎で 2021.05.30

ヒメシャラ

庭のヒメシャラが、蕾を膨らませている。梅雨時期になると白い花を咲かせる立ち姿が美しい木だ。夏椿の名を持つシャラの木よりも、花や葉が少し小ぶりなのでヒメシャラだそうだ。たし...

続きを読む

, 四季, 田舎で 2021.05.29

水張田と八ヶ岳

お田植えまえの水を張った田んぼを、水張田(みはりだ)というそうだ。長く短歌を詠んでいる義母に教わったので、短歌で使う特別な言葉なのかもしれない。リビングの北窓から、その水...

続きを読む

三浦しをん, 読書 2021.05.28

『きみはポラリス』

カタチに囚われずその光を見出し、感情の宇宙を限りなく広げる、最強の恋愛小説集。そう謳われる三浦しをんが2007年に出版した短編集。読んだのかも忘れるくらいずっと本棚にあっ...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 128

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.