CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

山梨, トネ・コーケン, 読書, 2022.05.02

アニメ『スーパーカブ』

ここ北杜市が舞台のアニメ『スーパーカブ』の聖地探訪スタンプラリーが、開催されている。その記事をかこうと、12話あるアニメをすべて観た。普段は観ないアニメーションに、しかし...

続きを読む

夫婦, 日々の暮らし, 雑貨, 家族のこと 2022.05.01

5月のカレンダー

はや5月。YasuoMaedaのカレンダーは、スペインはコルドバの写真だ。9年前に旅したコルドバ。いちばんに思い出すのは、夕食をとったリストランテ「エル・チェラスコ」で、...

続きを読む

家ご飯, 漫画, , 読書 2022.04.30

『きのう何食べた?』メシ~カレーうどん

大型連休が始まったきのうから、ひとりご飯が始まった。夫は神戸に帰省し、わたしは家に残り、きのうは町の健康診断。そのひとりランチに、シロさんの「カレーうどん」を作ることにし...

続きを読む

花と木, 日々の暮らし, 雑感, 田舎で 2022.04.29

草や木の声を聴く

クサクサした気分で、森を歩いた。ついてない。まるで時空のネジが緩んでいるかのようだと、思わざるをえない日がある。ことごとく的を外し、些細なトラブルが重なる。そういうときに...

続きを読む

家ご飯, 花と木, 四季, , 田舎で 2022.04.28

独活の肉巻き

鶯はぐぜり鳴きを終え声も高らか、雉が頭の上に響くような雄叫びを上げるこの頃。白く踊るよう瑞々しい独活をいただいた。辛子酢味噌で和える。葉先を天麩羅にする。皮をきんぴらにす...

続きを読む

家ご飯, , 花と木, 四季, , 田舎で 2022.04.27

ポストと筍

新しいご飯土鍋を、購入した。3代目である。1代目の土鍋は、蓋が割れてしまった。2代目は、やはり蓋が欠けたまま炊いていたのだが、最近炊き上がりが気になり始め、新調することに...

続きを読む

花と木, 四季, 田舎で 2022.04.26

ヤマツツジとフデリンドウ

すぐ近くの道沿いのヤマツツジが綺麗だと聞いて、通ってみた。想像を超える花の多さに、思わず歓声を上げた。まさに満開だった。名所でも何でもない場所だが、丹精込めて育てている人...

続きを読む

家ご飯, 花と木, 手話, 日々の暮らし, , 田舎で 2022.04.25

野蒜(のびる)

野蒜(のびる)という名は、一度聞いたら忘れない覚えやすい名だ。春になれば、そこここに伸びる、そのまっすぐに伸びた細葱のような植物こそが「野蒜」だからだ。野蒜は、ユリ科ネギ...

続きを読む

平松洋子, 読書 2022.04.24

『夜中にジャムを煮る』

可愛らしい表紙とは裏腹に、男前なエッセイ集だ。平松洋子の本は初めて手にしたが、世界各地を取材し食文化と暮らしをテーマに執筆している、昭和に育った(わたしより4つ年上)エッ...

続きを読む

, 田舎で 2022.04.23

今年いちばんの富士

きのう見た富士山は、今年いちばんの富士だった。春霞が続く日々だったが、一昨日の雨で洗われたかのようにきのうの朝にはくっきりと姿を現した。八ヶ岳や南アルプス連峰は、ここ明野...

続きを読む

花と木, 田舎で 2022.04.22

ヒトリシズカ

産直野菜を売る「おいしい市場」で、ヒトリシズカの苗を見つけた。2つ購入し、森に植えることにした。明るい日陰を好むという。そういえば、と思いつき、出かけてみた。明野町内にあ...

続きを読む

家ご飯, 2022.04.21

ご当地味噌の味噌汁

インスタント味噌汁の詰め合わせを、いただいた。「味噌の持つ力は長く日本人が培ってきた宝」と、味噌を今の生活の中に発展継続させることをコンセプトとした「味噌元」のものだ。こ...

続きを読む

家ご飯, 花と木, 四季, , 田舎で 2022.04.20

タラの芽の天麩羅

庭のタラの芽を、収穫した。昨年いただいて植えたものも、いくつか芽を出している。驚くほどに棘が鋭いタラノキだ。収穫が早かったのは、数年前にホームセンターで購入した棘なしのタ...

続きを読む

親子, おしゃれ, 日々の暮らし, 家族のこと 2022.04.19

旅靴屋のブーツ

一昨日、オーストラリアに着いたとLINEがあった。ひと月ほど、明野に戻ってきていた上の娘は、いつも思うのだがひとところにじっとしていない。「3ヶ月くらい、オーストラリアに...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 152

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.