CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

健康, , からだのこと, 田舎で 2022.07.20

目覚ましが鳴るまでの時間

最近、朝早く目覚めることが多い。6時半や7時に合わせた目覚ましよりも、かなり早く目覚めて眠れそうにないときには起きてしまうのだけれど、時計を見るとあと5分でアラームが鳴る...

続きを読む

家ご飯, 親子, , 家族のこと 2022.07.19

指示厨?

週末、娘の友達が遊びに来て、お好み焼きを焼いた。いつもの豚玉バージョンは、夫が焼いたが、明太子餅のお好み焼きも焼きたいと娘が言うので、任せることにした。種を作ってホットプ...

続きを読む

花と木, 生き物, 田舎で 2022.07.18

女郎花(オミナエシ)

神戸から帰ると、女郎花が咲いていた。苗をいただいて植えたばかりで、どんな花が咲くかも知らなかった。明るい黄色の小花がいくつもまとまって咲く、可愛らしい花だ。女郎花の語源を...

続きを読む

外ご飯, 神戸, , 2022.07.17

冷麺と冷やし中華

先週は、ふたたび夫の実家、神戸へと帰省した。今年に入って、もう6回目だろうか。義母を見舞い、実家の片づけをした。炎天下、駅から実家までの道を歩くと、蝉時雨が降り注ぐ。シャ...

続きを読む

おしゃれ, 日々の暮らし 2022.07.16

ストレートパーマ

ちょっと前のことになるが、ストレートパーマをかけた。ショートボブにしてくるくるドライヤーを40年ぶりに購入したのだが、朝直しても昼には左の癖が跳ねている状況に疲れてしまっ...

続きを読む

向田邦子, 読書 2022.07.15

『男どき女どき』

『思い出トランプ』、『隣の女』に続き、向田邦子を読んでいる。男時(おどき)=何をやってもうまくいく隆運発展の時。女時(めどき)=何をやってもうまくいかない衰運停滞の時。『...

続きを読む

家ご飯, 親子, , 家族のこと 2022.07.14

オーストラリアのクラフトビール

オーストラリアに行っていた娘が、帰ってきた。「夕飯は、バーベキューがいい? それとも、手巻き寿司?」数日前にLINEすると、すぐに返事が返ってきた。「手巻き寿司!」さらに...

続きを読む

花と木, 山梨, 田舎で, 2022.07.13

大賀ハス

今年も、蓮の花を見に行った。末娘が高校に通っていた頃、毎日のように送っていたJR穴山駅の近くにある「大賀ハス池」だ。毎朝、7時1分にナンバー「・701」の車と、駅ですれ違...

続きを読む

花と木, スイーツ, , 田舎で 2022.07.12

すももジャム

森を挟んだお隣りさんに、お庭で採れたというすももを籠いっぱいいただいた。食べきれないので、久しぶりにジャムを煮た。種もそのまま、皮も剝かずに砂糖のみで煮るレシピで、皮に酸...

続きを読む

辻村深月, 読書 2022.07.11

『ツナグ~想い人の心得』

吉川英治賞受賞作『ツナグ』の続編。設定は、同じ。死者に会うチャンスが一度だけある。使者(ツナグ)が仲介者を務め、死者が承諾すれば満月の夜に一晩だけ会うことができる。生きて...

続きを読む

珈琲&お茶, 2022.07.10

TEAPOND~水出しアイスティ

いただきものの水出しアイスティを、楽しんでいる。紅茶専門店TEAPONDのアソートで、6~8時間ティーバッグを水に浸して冷蔵庫に入れておけば、OK。それが、とても美味しい...

続きを読む

家ご飯, , 平松洋子, , 読書 2022.07.09

『一生ものの台所道具』~サラダスピナー

本好きが集うシミルボンサイトのお友達、伊和早希さんにススメられて手元に置き楽しんでいる平松洋子の『一生ものの台所道具』。初めてそこに載っていた”道具”を、購入した。おいし...

続きを読む

花と木, 山梨, 田舎で, 2022.07.08

睡蓮に

町内のお寺「浄居寺(じょうこじ)」の庭園を、記事にした。心の文字をかたどった「心字池」には、ちょうど見頃となった睡蓮が咲きこぼれている。朝に咲いた花が夕方には眠るように閉...

続きを読む

窪美澄, 読書 2022.07.07

『夜に星を放つ』

第167回直木賞候補作。窪美澄の星座をモチーフにした5編から成る短編集。大切な人を失った人たちの物語だ。「真夜中のアボカド」(双子座のカストルとポルックス)32歳の綾は、...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 158

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.