CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

三崎亜記, 読書 2022.01.23

『ニセモノの妻』

デビュー作『となり町戦争』で直木賞候補となった三島亜記の中編4編を収めた小説集。どれも夫婦を描いたファンタジーだ。「...

続きを読む

上間陽子, 読書 2022.01.19

『裸足で逃げる~沖縄の夜の街の少女たち』

『海をあげる』の上間陽子がまとめた、ルポルタージュ。松山ケンイチ主演の舞台『hana-1970、コザが燃えた日-』を...

続きを読む

家ご飯, 川上弘美, , 読書 2022.01.17

らっきょ~小説のなかのワンシーン

「らっきょって、カレーのとき以外にも食べるっけ?」「酒の肴にも、いけるんじゃない?」夫の言葉に返し、あれ? たしかあ...

続きを読む

平野啓一郎, 読書 2022.01.15

『ある男』

もしも自分以外の誰かになれるとしたら、わたしは、そしてあなたはどうするだろうか。名前を捨て、戸籍を捨て、家族も友人も...

続きを読む

彩瀬まる, 読書 2022.01.07

『新しい星』

今年いちばんに紹介する本は、彩瀬まるの『新しい星』。短編連作のような趣だが、読み終えた感覚では長編だった。8話の短編...

続きを読む

上間陽子, 読書 2021.12.29

『海をあげる』

2021年の本屋大賞ノンフィクション本大賞受賞の『海をあげる』は、沖縄生まれの女性がかいたエッセイだ。琉球大学教育学...

続きを読む

朝倉かすみ, 読書 2021.12.21

『平場の月』

”大人の恋”を描いた朝倉かすみの長編小説。青砥健将と須藤葉子は、中学時代の同級生。たがいに初恋の人だと自認しているが...

続きを読む

宿野かほる, 読書 2021.12.15

『ルビンの壺が割れた』

本屋の店頭で手に取った初めて読む作家の文庫本。手に取ったきっかけは、シミルボンサイトで見かけたからだ。守屋聡史さんの...

続きを読む

江國香織, 読書 2021.12.09

『神様のボート』

本棚にあった江國香織の『神様のボート』は、1999年に発売された新刊で、たぶんすぐに買って読んだのだと思う。22年前...

続きを読む

町田そのこ, 読書 2021.12.01

『52ヘルツのクジラたち』

今年「本屋大賞」第一位に輝いた、町田そのこの長編小説。クジラの声は、人間には聴こえない音域だとは知っていたけれど、ほ...

続きを読む

映画, 漫画, 読書, 鑑賞 2021.11.28

劇場版『きのう何食べた?』

コロナ禍に本格的に突入してから、初めて映画館で映画を観た。劇場版『きのう何食べた?』である。コミック、ドラマとハマり...

続きを読む

乃南アサ, 高知, 読書, 2021.11.24

高知の”市”で

高知は、”市”も楽しい。その”市”を舞台に描かれたのは、乃南アサ『岬にて』に収められた「春の香り」である。〈彼女〉は...

続きを読む

原田マハ, 高知, 読書, 2021.11.23

沈下橋

原田マハの短編集『星がひとつほしいとの祈り』には、「沈下橋」が収められている。四万十の話だ。60歳になる多恵は、四万...

続きを読む

原田マハ, 高知, 読書, 2021.11.22

東はごめん、西はいの

「あの『ごめん』って、何だろう?」走ってくる路面電車の行き先表示を見て、夫が首をかしげた。その言葉に、以前読んだ本の...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 28

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.