CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

『ぼくの小鳥ちゃん』

再読の日々。マイ小説best5に入る江國香織『ぼくの小鳥ちゃん』。

 

雪の降る朝、突然〈ぼく〉のアパートに不時着した、小鳥ちゃん。

小鳥ちゃんは、〈ぼく〉とだけ会話する。

〈ぼく〉がガールフレンドに言われ、ペットショップで買ってきたボレー粉(カルシウムたっぷりの鳥の餌)を出すと、それは食べられないという。

「なにに、ラム酒がかかってるの?」

「アイスクリームよ。もちろん」

小鳥ちゃんは言う。

「あたしのごはんはそれにして。三度三度それでもかまわないわよ」

小鳥ちゃんは、〈ぼく〉の部屋に棲みついた。

鳥かごはなく、部屋全体が彼女の鳥かごだ。夜は、ガールフレンドがくれたバスケットで眠る。ウエハースみたいに軽い寝息を立てて。

”ん”で終わらないしりとりが好きで、病気になったからとアイスクリームをねだり、デートにも同行する小鳥ちゃん。

最近、そんな小鳥ちゃんの元気がないと思ったら。

「あたし、考えたんだけど、一度スケートっていうものをしてみようかとおもうの」

ぼくは小鳥ちゃんの顔をみた。

「スケートがしたいの?」

そうなのだ。小鳥ちゃんは、ぼくとガールフレンドが二人だけで(たぶんたのしそうに)すべっていたのがおもしろくなかったのだ。

ある日、〈ぼく〉と小鳥ちゃんに事件が起こり、今度は〈ぼく〉がガールフレンドとのデートも上の空。

彼女はぼくにおかまいなしで、エンジンをとめイグニッションキーをぬく。サングラスをかけた横顔。

「たのしそうにして」

まえをむいたまま彼女は言う。

「たのしくないのなら帰って」

ぼくは困った。急にたのしそうにはできないからだ。

ガールフレンドは、言う。

「こういうとき、あなたの小鳥ちゃんなら窓からとんでいっちゃうんでしょうね」

ガールフレンドの母親が〈ぼく〉に会うと頬にキスするところなどから、たぶん舞台設定は、日本ではない。外国の、どこかの国。雪が降る冬を過ごし、水仙が咲く春が来る。

あかるくてきれいなものが好きなの

小鳥ちゃんは、モーツアルト、特にブレンデルのピアノが好きだ。

こんなふうに生きられたらと思うほどに、わがまま放題で自由な小鳥ちゃん。だが、それでもままならないことだってある。

この切なさは、いったいなんなのだろう。

1997年に刊行され、2000年第7刷を購入していました。イラストは、荒井良二。

小鳥ちゃんが行きたいと言った教会。

バスケットで眠る小鳥ちゃん。

スケートする小鳥ちゃん。スケート靴は、ガールフレンドが靴下を編み、〈ぼく〉がバターナイフを加工してつけました。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2024年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.