CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

鍵穴をのぞく~マルタ騎士団の館

ローマで行きたいところを、いくつかセレクトしていた。

「サン・ベネディット・イン・ピスキヌラ教会」も、「テスタッチョ市場」もそうだ。

そして、”鍵穴をのぞく”のも、そのひとつだった。

「のぞくなら朝がいいって、かいてあった。朝日を浴びて白く光るんだって」

「じゃ、朝行こう」

向かったのは、アヴェンティーノの丘にある「マルタ騎士団の館」へと続く”扉”だ。

小さな鍵穴のなか、ヴァチカンの「サン・ピエトロ大聖堂」がちょうど収まるように見えるというのである。

 

のぞいてみて、言葉を失った。

サン・ピエトロ大聖堂が、美しく輝いていた。

失ったときに出てくるのは、「なにこれ!」「嘘でしょう!」「すごい!」。全部言った。

次々に現れる観光客も、言葉は違えど同じことを口にしているのがわかる。

そして、みな誰かに言いたくなるようだ。

「見た? 見た?」「これ、すごいよね!」「信じられないよね!」

みなが言葉を超えて、この驚きを伝えたくて周りの人に誰彼かまわず話しかけている。

 

人の波が過ぎると、ふたたびのぞいてみたくなる。その衝動は抑えられなかった。

そこに、のぞくべき穴がある。これは幸福のひとつなのではないだろうか。

アヴェンティーノは、トラステヴェレとは打って変わって高級住宅街の趣。

マルタ騎士団長の館へ続く、扉。のぞいたときには誰もいなかったのに、次々と観光客が訪れて、穴をのぞくたびに歓声を上げていました。

photo by YasuoMaeda.

鍵穴から見えたヴァチカンの「サン・ピエトロ大聖堂」です。

鍵穴のすぐ近くにある「サンタ・サビーナ教会」。とてもシンプルな祭壇に驚きました。

質素なだけに、美しさが際立っていました。

入口の扉は、現在残る木の扉としては最も古いものだそうです。

『素顔のローマへ』に載っていた名もない顔の水道(?)も。

隣の「サヴェッロ公園」から見たローマの街。「ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂」が見えました。

「サンタ・サビーナ教会」の外観です。正面には車がたくさん停まっていて撮れなかったので。このあと「テスタッチョ市場」へと歩きました。

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. 高橋うらら より:

    お久しぶりです。いつもブログに癒やされています。
    いいなあ! 私もイタリアまた行ってみたいです。
    シチリア島とか行きたいなと思っています。

  2. さえ より:

    >うららちゃん
    お久しぶり!
    コメントありがとう。ローマ楽しんでいます(^_-)-☆
    シチリアは、何年かまえにパレルモだけ行ったけど、魚が美味しくて人が明るいいいところだったよ。
    ぜひぜひ!

  3. hanamomo より:

    美しい歴史ある教会が沢山ありますね。
    鍵穴から見える聖堂の素晴らしいこと、随分並んでいますね。
    顔の水飲み場、風情がありますね。
    古い時代にはここでお洗濯などもしていたのかな?

  4. さえ より:

    >hanamomoさん
    美しい教会、ほんとたくさんあって、歴史もそれぞれ興味深く、知らないことばかりです。
    鍵穴は『素顔のローマへ』で知りました。
    顔の水道、ほかにもいろいろあるようです。洗濯もしていたのかな?

PROFILE

プロフィール
水月

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.