CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

, 四季, 山梨, 田舎で, 2021.11.27

八ヶ岳颪

11月の『地球の歩き方』ラストの記事は、八ヶ岳颪(おろし)にした。じつは「颪」という漢字を知らず、記事をアップしてか...

続きを読む

花と木, 山梨, 田舎で, 2021.11.26

わに塚のサクラに

『地球の歩き方』に、「わに塚のサクラ」の記事をかいた。月初めに見に行って、元気をなくした姿を見てから、気になっていた...

続きを読む

家ご飯, スイーツ, 高知, , 2021.11.25

芋けんぴ

夫の後輩さんが、高知土産を持たせてくれた。奥様セレクトだという。感謝して、いただいた。そして、どれも美味しくいただい...

続きを読む

乃南アサ, 高知, 読書, 2021.11.24

高知の”市”で

高知は、”市”も楽しい。その”市”を舞台に描かれたのは、乃南アサ『岬にて』に収められた「春の香り」である。〈彼女〉は...

続きを読む

原田マハ, 高知, 読書, 2021.11.23

沈下橋

原田マハの短編集『星がひとつほしいとの祈り』には、「沈下橋」が収められている。四万十の話だ。60歳になる多恵は、四万...

続きを読む

原田マハ, 高知, 読書, 2021.11.22

東はごめん、西はいの

「あの『ごめん』って、何だろう?」走ってくる路面電車の行き先表示を見て、夫が首をかしげた。その言葉に、以前読んだ本の...

続きを読む

高知, 2021.11.21

四万十川を屋形船で

足摺の夜は中村に一泊し、翌日は、四万十川へと出かけた。快晴の朝10時に屋形船を予約し、四万十川沿いに車を走らせた。屋...

続きを読む

美術館, 高知, 鑑賞, 2021.11.20

「足摺海洋館SATOUMI」

水族館でぼーっとしたいというわたしの希望で、足摺では、「足摺海洋館SATOUMI」にも出かけた。足摺岬から西に走った...

続きを読む

外ご飯, 高知, , 2021.11.19

足摺岬~臼碆

レンタカーで走ること3時間半。足摺岬に到着した。と言っても最南端の足摺岬ではなく、日本列島で黒潮が最初に接岸する「臼...

続きを読む

外ご飯, 高知, , 2021.11.18

仁淀ブルー

高知市から、レンタカーを借り仁淀川(によどがわ)へとドライブした。車で1時間ちょっと走った「いの町」の渓谷で、青く輝...

続きを読む

外ご飯, 高知, , 2021.11.17

たっすいがは、いかん!

高知で食事をするとよく見かけるのが、たっすいがは、いかん!という、キリンラガービールの広告だ。広告の意味としては「水...

続きを読む

高知, 2021.11.16

龍馬の里へ

念願かなって、高知を旅した。坂本龍馬が生まれ育った、土佐である。夫は坂本龍馬をリスペクトしていて、35年以上前の話に...

続きを読む

, 山梨, 田舎で, 2021.11.09

富士川町とのご縁

富士川町の富士山絶景スポットに、行ってきた。冬至の頃には日の出時刻にダイヤモンド富士が見られるというビューポイントが...

続きを読む

花と木, 山梨, 田舎で, 2021.11.04

「わに塚のサクラ」クラウドファンディング

お隣り韮崎市の観光スポットである「わに塚のサクラ」の元気がなくなってきている。パワスポキャメちゃんのパワースポット取...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 27

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.