CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

フライパン問題

ずっと買い換えようと思っていたフライパンを、ようやく買い換えた。

夫が、いちばん小さなフライパンをスモーク用に使いたいという。簡単にナッツなどをスモークしたいそうだ。

すでにテフロン加工が剥がれてしまい、買い換え時期に来ていたフライパンを贈呈した。

 

年末に読んだ江國香織のエッセイ集『やわらかなレタス』に、フライパンの買い換えについてかかれていた。

「私はそれを、フライパン問題と呼んでいるんです」

江國香織は、寿司屋でたまたま聴いてしまった女性たちの会話に、心のなかで叫んだという。

テフロン加工が主流となって以来、フライパンは新しいものの方が目玉焼きがきれいに焼ける。けれど、手に馴染んだフライパンも手放しがたい。

そうすると何が起こるかというと、フライパンが戸棚のなかに増えていくのだ。どんどん、そしてひっそり。困るし、すこしこわくもある。実際に日々使うものは二つくらいなので、使われないフライパンが不満をつのらせている気がするからだ。

どの家庭にもある「フライパン問題」。

わたしは、わりときっぱり捨てる派だ。

新しいフライパンを買うときには、なるべく安いものを選ぶ。そうすれば、捨てるときにも惜しいという気持ちがほんの少し軽くなる。

けれど今回、スモーク用におろしたことで、捨てなくても済むということに安堵してもいる。

 

フライパン問題、どうしていますか?

新しいフライパン。遠近法の謎で大きく見えますが、直径20㎝のいちばん小さなサイズです。奥の鍋は直径28㎝。

蓋も、これまでのでぴったり。

パンの朝食。ベーコンを焼いた後にスクランブルエッグを焼いても、くっつかないうれしさ!

ちなみに奥にあった直径28㎝の鍋には、前日煮た肉じゃがが入っていました。

土鍋でご飯を炊いて、肉じゃがランチ。

我が家では翌日の肉じゃがは「肉じゃが卵落とし」という名前に変身します。

常備菜いろいろ。ピンク色の大根の酢漬けは、赤大根の自然の色です。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ぱす より:

    こんにちわ
    新しいフライパン、気持ちいいでしょうね。
    しばらくは、何を焼いてもストレスなくするするっと焼けますね。

    私は、捨てる派です。ぎりぎりまで使っているので、新しいフライパンと交代です。
    それまでずっとT-falを使っていましたが、東京インテリアで違うメーカーのものを見つけて5年ぐらいでしょうか。ぼちぼち交代時期ですが、まだまだ使うつもりです。
    そんなに高くないものなのに・・・。いざとなると、捨てがたい気持ちはありますね。

  2. さえ より:

    >ぱすさん
    こんにちは~♩
    新しいフライパンは、ほんとストレスフリーですよね。
    ぱすさんも捨てる派なんですね。
    でも、いいものを長く使って交替しているんですね。
    T-Fal、使ってみたいな~とも思いますが、値段で足踏みしてしまって。
    でも、アムウェイのお鍋は30年以上使っているから、それを考えると初期投資も大切ですね。
    値段関係なく、まだ使えるものを捨てるのって、もったいないっていう気持ちが働きますね。そういう世代なんでしょうか。

  3. hanamomo より:

    フライパン問題、奥が深いですね。
    我が家でもテフロン加工の物を使用しているのですが、テフロンが剥げてくると食材がくっつきやすくなりますよね。
    それにテフロン加工しているものは強火厳禁らしいです。知らず知らずのうちに強火にしていると、はがれて性能が衰えてきますよね。
    鉄のフライパンを買うことも考え、娘にも相談したら(私よりも詳しいのです)お母さんは雑だからダメ、安いテフロンを買い替えた方がいいというメールをもらい今に至っています。
    イオンのPBのフライパンを使用しています。
    そう安くもないのですが、そう丈夫でもない気がします。(笑)

    あまり高価なフライパンは買ったことがないけれど、使っているとやっぱりくっついてくると思います。
    常備菜のお皿、彩がいいですね。
    彩を考えて食べると身体にもいいですよね。

  4. さえ より:

    >hanamomoさん
    テフロン加工の傷み、強火だと早まるんですか。
    知りませんでした。
    鉄のフライパン、夫が以前、中華鍋を使っていましたが、錆びてしまいました。
    毎日使うものじゃないし、手入れが難しいですよね。
    消耗品と、割り切れない部分もありますが、わたしも安いフライパンを買い換える方が性格(?)に合っているかな~と思います。
    赤大根の酢漬けが、彩りに一役買ってくれています。
    太い赤大根をいただいたので、たくさんつくりましたが、もうあと少しになりました。
    ぬか漬けの胡瓜とカブは、エッセイサークルの友人作です。
    楽しく彩りを考えて、身体にもいいのなら、いちばんですね。

PROFILE

プロフィール
水月

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2024年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.