CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

NEW POST

家ご飯, 2024.04.15

野菜高騰の折〈その1〉~お好み焼き

今夜は、お好み焼きにしよう。相談はまとまったのに、たまたま出かけた帰りに夫婦でスーパーに寄ったら、キャベツが消費税込みだ...

続きを読む

OTHER POSTS

外ご飯, 寺・神社・教会・城, , 鑑賞 2024.04.14

常牧山 浄居寺の「えんにち」

きのう、『地球の歩き方』で告知した常牧山 浄居寺の「えんにち」へ行ってきた。”絶好”というのは、こういう日をいうのだろうという好天に恵まれた。暖かく風はそよ風。山も美しく...

続きを読む

花と木, , 四季, 山梨, 田舎で, 2024.04.13

きのうの失敗

翌日になって、きのうの失敗に気づく。そういうことが、ままある。そのときには気づかなかったことを、俯瞰して見るには時間も必要だ。そして、立ち位置を変えてみることも。今週も、...

続きを読む

美術館・博物館, 原田マハ, 読書, 鑑賞 2024.04.12

『ジヴェルニーの食卓』

引き続き、原田マハのアートをテーマにした小説を読んでいる。中編4編を収めた『ジヴェルニーの食卓』には、印象派の画家たち、マティス、ドガ、セザンヌ、モネが登場する。裏表紙よ...

続きを読む

花と木, , 四季, 俳句, 日々の暮らし, 田舎で 2024.04.11

遠くと近くは、同じ場所にある

NHK俳句大会に投句したうちの一句は秀作をいただいたが、もう一句も佳作には届かなかったが入選していた。小さき富士都営団地の女正月実家の都営団地は14階建てで、11階のエレ...

続きを読む

花と木, 四季, 東京, 田舎で, 2024.04.10

夜桜・夕桜・朝桜~春の季語

東京で、娘夫婦と久しぶりに会った。結婚したのはちょうど1年前になるが、桜の季節を待ってこれからウェディングフォトを撮るのだと、幸せそうに話していた。そんな夜、夫とふたりで...

続きを読む

家ご飯, スイーツ, 2024.04.09

柑橘の大トロ「せとか」

朝のフルーツは、金。ということで、朝食後にヨーグルトとなにかフルーツを食べるのを習慣にしている。先週は、食べたことのない「せとか」という蜜柑をいただいた。「柑橘の大トロ」...

続きを読む

家ご飯, 夫婦, , 家族のこと 2024.04.08

夫の麻婆豆腐~男の料理

週末、夫が麻婆豆腐を作ってくれた。麻婆豆腐は彼の得意料理で、わたしが作っていたクックドゥの麻婆とはまるで違う。麻婆豆腐用にと、豆豉醬を買っていたことからもわかるように本格...

続きを読む

花と木, 四季, 俳句, 日々の暮らし, 田舎で 2024.04.07

辛夷・雪柳~春の季語

庭では、桜や水仙のほか、辛夷や雪柳、ミツバツツジ、春蘭、プラムなどが咲き始めている。久しぶりに、夫の一眼レフを借りて、歩いた。「辛夷(こぶし)」は、春の植物の季語。蕾が赤...

続きを読む

美術館・博物館, 原田マハ, 読書, 鑑賞 2024.04.06

「印象派モネからアメリカへ~ウスター美術館所蔵」

東京へ行った際、上野の東京都美術館に立ち寄った。「印象派モネからアメリカへ~ウスター美術館所蔵」を観に行きたかったのである。「海を越えて咲いたもうひとつの印象派」と題し、...

続きを読む

花と木, 生き物, 四季, 田舎で 2024.04.05

庭の桜

「あ、咲いてる」窓から見て、気がついた。待ちかねていたわけでもなかったので、そういう反応になる。庭の桜である。取材取材とよその桜ばかり気にかけていて、うちの桜を忘れていた...

続きを読む

花と木, 四季, 山梨, 田舎で, 2024.04.04

さくら温泉通りの桜並木で

4月に入り、桜の取材に出かけた。開花が遅れた今年、まだ満開にはほど遠いが、週後半は雨予報。少し早いが「石和温泉さくら温泉通り」を歩いた。3分咲きから5分咲きくらいだろうか...

続きを読む

コンサート, 俳句, 日々の暮らし, 鑑賞 2024.04.03

NHK全国俳句大会へ行ってきました

日曜日、年に一度NHKホールで開催される「NHK全国俳句大会」へ行ってきた。この俳句の祭典も、第25回だそうだ。昨年、句会仲間に勧められて投句を始め、春夏秋冬すべては出せ...

続きを読む

山梨, 2024.04.02

浄居寺の「えんにち」

4月。新年度が始まった。『地球の歩き方』山梨特派員ブログ、スタートは、町内のお寺の「えんにち」の告知記事。息子と中学時代同級生だった歳若い副住職が、力を入れて取り組んでい...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 199

PROFILE

プロフィール
水月

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2024年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.