CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

NEW POST

家ご飯, 夫婦, , 家族のこと 2022.01.24

夫のスモーク

風のない冬晴れの日、夫がウッドデッキにスモーカーを出した。5日ほど前から漬け込んでいた豚バラ肉の塊を、前日から塩抜きし、...

続きを読む

OTHER POSTS

三崎亜記, 読書 2022.01.23

『ニセモノの妻』

デビュー作『となり町戦争』で直木賞候補となった三島亜記の中編4編を収めた小説集。どれも夫婦を描いたファンタジーだ。「終の筈の住処」新婚のふたりが越してきた新築の分譲マンシ...

続きを読む

手話, 日々の暮らし, 雑貨, 編み物 2022.01.22

タルト型のアクリルたわし

ドーナツのアクリルたわしが上手く編めなかったので、今度はタルト型のものに挑戦している。目標は、手話教室のバザーで100円以上で売れるものを作ること。幸い百均のアクリル毛糸...

続きを読む

おしゃれ, 手話, 日々の暮らし 2022.01.21

心境の変化?

とてもとても久しぶりに、髪を短くした。15㎝ほど、切っただろうか。20年以上お世話になっている美容師さんも、わたしの髪を、こんなに短く切るのは初めてだという。「何か、心境...

続きを読む

山梨, 2022.01.20

七福神~「御崎神社」

膝を痛めた夫を送った病院の近くで、ふらりと訪ねた神社に、恵比寿神が祀られていた。そこで『地球の歩き方』の記事にすることにした。調べてみると、知らなかったことばかり。七福神...

続きを読む

上間陽子, 読書 2022.01.19

『裸足で逃げる~沖縄の夜の街の少女たち』

『海をあげる』の上間陽子がまとめた、ルポルタージュ。松山ケンイチ主演の舞台『hana-1970、コザが燃えた日-』を知り、観に行きたかったのだが感染状況を考えて断念した。...

続きを読む

, , 田舎で 2022.01.18

夕刻のドライブ

夕刻、町内の薬局まで車を走らせた。車窓から、片側だけ夕焼けに染まった富士山が見える。ちょうどきれいに見える場所を通ったので、車を停め、写真を撮る。西側を赤く染めた富士は、...

続きを読む

家ご飯, 川上弘美, , 読書 2022.01.17

らっきょ~小説のなかのワンシーン

「らっきょって、カレーのとき以外にも食べるっけ?」「酒の肴にも、いけるんじゃない?」夫の言葉に返し、あれ? たしかあの小説に、と思い出す。川上弘美の『センセイの鞄』の冒頭...

続きを読む

家ご飯, , 2022.01.16

新しい器

スープ皿を新調した。といっても、中鉢ほどの大きさ。気に入るものを見つけるまで、辛抱強くネット検索した。結局、以前足を運んだ千鳥が淵の「花田」で見つけた。知っている店だと、...

続きを読む

平野啓一郎, 読書 2022.01.15

『ある男』

もしも自分以外の誰かになれるとしたら、わたしは、そしてあなたはどうするだろうか。名前を捨て、戸籍を捨て、家族も友人も捨て、過去のすべてをなきものとする。それと引き換えに、...

続きを読む

日々の暮らし, 編み物 2022.01.14

ドーナツ型のアクリルたわし

なぜだろう。下手だとわかっているのに、無性に編みたくなる。編みかけて仕上がらなかった数々の編み物たち。もうやめようと、毛糸は手話教室の編み物が得意な先輩にもらってもらった...

続きを読む

家ご飯, 夫婦, , 家族のこと 2022.01.13

36回目の結婚記念日

今年も、結婚記念日を迎えた。36回目である。結婚記念日としては、「○○婚」と名のつかない地味な年数だ。去年は35年で珊瑚婚だったから、次は40年。たしか50年が金婚式だか...

続きを読む

, 2022.01.12

藍色の器

金継ぎしていた器が、3つ仕上がった。色違いのサラダボールが2つと、藍色の平たい鉢だ。鉢は、大鉢と言うには小さめだが、中鉢と言うには大きめ。その大きさにも重宝する鉢である。...

続きを読む

花と木, 田舎で 2022.01.11

森の木を切る

暖かく風もなく穏やかに晴れたきのう、夫が森の整備をしていた。細くひょろりと伸びた赤松を、切るという。細いといっても、20mほどの高さがある。高く細く伸びた松は強風での倒木...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 141

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.