CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

NEW POST

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2022.08.12

広がりすぎた庭の茗荷

庭の茗荷を、初収穫した。ずっと気にはなっていたけれど、茗荷が広がりすぎている。右手のスズランは数が減り、左手のクリスマス...

続きを読む

OTHER POSTS

親子, 山梨, 家族のこと, 2022.08.11

戦争がなかった時代

娘とふたりの食事のときに、縄文時代の話をした。このところ、「梅之木遺跡」や「三十三番土偶札所巡り」を取材していたので、少しだけ知っていることが増えた。1万年以上続いた縄文...

続きを読む

外ご飯, 親子, , 家族のこと 2022.08.10

鰻とレコード~Blowin’ in the Wind

娘が、鰻をご馳走してくれた。2ヶ月遅れの夫の誕生日祝いだ。清里に新しくできた「Blowin' in the Wind」という名の鰻とレコードの店は、夫のリクエスト。友人の...

続きを読む

山梨, 2022.08.09

縄文土器を知る

6月から取材していた「梅之木遺跡公園」の記事を、ようやくアップした。遺跡は、集落だった頃の再現が進んでいて、竪穴式住居は5つ目を建築中。オープンした4年前に取材したときと...

続きを読む

映画, 鑑賞 2022.08.08

映画『いのちの停車場』

礼文島の「北のカナリアパーク」では、『北のカナリアたち』と同じく吉永小百合主演ということで、映画『いのちの停車場』の展示もされていた。〈cast〉白石咲和子【吉永小百合】...

続きを読む

家ご飯, 花と木, 生き物, , 田舎で 2022.08.07

マジックナンバー7

愛車をこすってしまい、落ち込んでいる。そんなとき、過去にかいたブログの記事を偶然見た。「マジックナンバー7」という言葉すら、すでに忘れていたので、新しい情報としてすっと入...

続きを読む

花と木, 四季, , 田舎で 2022.08.06

秋の空と白い桔梗

「空が、きれい」玄関で娘が、ふっと空を見上げた。つられて、空を仰ぐ。「ああ、ほんとだ。東京の空とは違うでしょう?」「違うねえ」「もうすっかり、秋の空だね」夏ならではの霞ん...

続きを読む

窪美澄, 読書 2022.08.05

『すみなれたからだで』

直木賞作家となった窪美澄の初期の頃の短編集を、再読した。9編のなかには、直木賞受賞作『夜に星を放つ』にも収められている「銀紙色のアンタレス」も入っている。少年の夏休みの初...

続きを読む

家ご飯, 夫婦, 親子, , 家族のこと 2022.08.04

誰がどれだけ食べた?

甲府が39℃に達したと報じられた一昨日、エアコンがないリビング&キッチンは34℃くらいだっただろうか。「茗荷はないけど、そうめんにしようか」1分半茹でた手延べそうめんを流...

続きを読む

夫婦, 親子, 神戸, 家族のこと, 2022.08.03

掬星台(きくせいだい)

一周忌の後、施設の都合で義母と面会できなくなり、夫とふたり摩耶山までドライブした。気持ちのいい展望スポットがあるという。「掬星台(きくせいだい)」という名のそこは、神戸を...

続きを読む

花と木, 夫婦, 親子, 家族のこと, 田舎で 2022.08.02

向日葵の花

もう1年になるのかと思う気持ちと、もっと時が経っているような気持ちとを混在しているのは、ずっと離れた土地で暮らしていたからだろうか。義父が亡くなって、1年になる。一周忌は...

続きを読む

夫婦, ビルバオ, 家族のこと, 2022.08.01

8月のカレンダー

YasuoMaedaの8月のカレンダーは、ビルバオだ。写真を見ただけで、暑かったなあと思い出す。靴を履いていられず、サンダルを買った。石畳が焼けるようだった。2017年の...

続きを読む

北海道, 2022.07.31

南稚内の夜

ラストナイトの南稚内の夜。ホテルで食事をとった後、飲みに行こうという話になった。JR南稚内駅周辺には、居酒屋やスナックが軒を連ねている。「ちょっとウイスキーが飲めるバーが...

続きを読む

花と木, 北海道, 田舎で, 2022.07.30

礼文島~フラワーハイキング

礼文島のホテルの部屋には、てるてる坊主のほかに、早朝無料ツアーの案内が置かれていた。「カラダ・ココロが喜ぶ早朝のお散歩~花ガイドと一緒にお花畑を散策しませんか?」とある。...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 155

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.