CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

NEW POST

イタリア, 2022.09.28

トラステヴェレ~テヴェレ川の向こう

2年8ヶ月ぶりの海外旅行は、イタリアはローマが拠点。トラステヴェレ「テヴェレ川の向こう」という意味の下町のゲストハウスに...

続きを読む

OTHER POSTS

その他, イタリア, 読書, 2022.09.27

『甘くて、苦くて、深い~素顔のローマへ』

イタリアは、ローマに来ている。3年ぶりの海外。この本は、「ローマを拠点にイタリアを旅する」そう決めたとき手に取った本だ。コロナ禍で海外旅行の情報は激減していて、『地球の歩...

続きを読む

健康, 珈琲&お茶, , からだのこと 2022.09.26

秋、熱い紅茶を~「T2tea」

娘がオーストラリアで買ってきた紅茶を、ゆっくり楽しんでいる。「T2tea」というメルボルンのブランドで、日本でも販売し始めたらしい。メルボルンがカフェの街だということは、...

続きを読む

映画, 鑑賞 2022.09.25

映画『シャッターアイランド』

デニス・ルヘイン原作小説をマーティン・スコセッシ監督がレオナルド・ディカプリオ主演で映画化した『シャッターアイランド』。謎を謎で塗り固めたような展開に、ひとときも目が離せ...

続きを読む

花と木, 生き物, 四季, 田舎で 2022.09.24

アキアカネ

庭に、赤トンボが飛んでいる。たぶん、赤トンボ代表のアキアカネだろう。22年前にここ山梨の田舎に越してきて、初夏からすでにトンボが飛ぶのだと驚いた。シオカラトンボやオニヤン...

続きを読む

小川洋子, 読書 2022.09.23

『夜明けの縁をさ迷う人々』

『寡黙な死骸淫らな弔い』、『完璧な病室』に続き、小川洋子を読んでいる。9つの不思議な物語が収められた短編集。「曲芸と野球」小学生の〈僕〉は、バッターボックスに立っても、ど...

続きを読む

家ご飯, スイーツ, 2022.09.22

うつのみやの梨

宇都宮から、梨が届いた。まず、大きくて驚いた。そして、しっとりとした甘さを感じたと思ったらすっきりとさわやかな酸味が口いっぱいに広がる。なにより瑞々しい。品種は豊水らしい...

続きを読む

俳句, 日々の暮らし 2022.09.21

講座「俳句を楽しむ」~月

6月から月一回通っている俳句講座も4回目になるが、残念ながら初めて欠席した。「紫陽花」「大暑」「盆」ときて、9月のテーマは「月」だったのに残念だ。『俳句歳時記』で、自習の...

続きを読む

小川洋子, 読書 2022.09.20

『完璧な病室』

小川洋子最初期の秀作といわれる4編の中編から成る小説集。「完璧な病室」〈わたし〉は、21歳の弟を病気で亡くした。晩秋のしなやかな風が、レースのカーテンをすりぬけて、弟のベ...

続きを読む

山梨, 2022.09.19

学問の神様、山縣大弐

甲斐市にある「山縣神社」へお参りに行ってきた。江戸時代に活躍した大学者、山縣大弐を”学問の神様”として祀った神社だ。あらゆる学問を学び、27歳のときには、医者をしながら人...

続きを読む

家ご飯, 家仕事, 日々の暮らし, 2022.09.18

新しいガスコンロ

キッチンに備え付けてあるガスコンロが、壊れた。使っていないときにもピーピーとエラー音が鳴るようになり、調べるとセンサーが壊れたようだが、すでに部品の取り扱いはないという。...

続きを読む

健康, , からだのこと, 田舎で 2022.09.17

閉じたままの瞼を閉じる瞬間

還暦を迎える何年か前から、夜中に何度か目が覚めるようになった。たいていはトイレに行き、キッチンで水を飲んで、ふたたびベッドに潜り込む。すぐに眠りに落ちるときもあるが、目が...

続きを読む

小川洋子, 読書 2022.09.16

『寡黙な死骸みだらな弔い』

圧倒された。読み始めた途端、惹きつけられたのは、美しさだろうか。短編が終わるたびに、咲きほこった花がそっと蕾に戻っていくような静けさが漂う。そしてまた、次の短編へとページ...

続きを読む

美術館, 山梨, 鑑賞, 2022.09.15

カッパ型土偶とバンザイ型土偶

「土偶に会いたい!」シリーズ5回目は、笛吹市「春日居郷土館」。ここでは、カッパ型土偶「みさかっぱ」と、バンザイ型土偶「やっほー」が待っていた。カッパ型土偶は、頭が平らだっ...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 158

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.