CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

家ご飯, , 2024.05.14

よく使うお皿

久しぶりにレタスのお浸しをして、何気なく盛りつけた皿に、ふと疑問を感じた。「このお皿、いつ買ったのか記憶にないな」焼...

続きを読む

家ご飯, 2024.05.12

野沢菜七味唐辛子クリームチーズディップ

金沢の帰り、佐久平駅で「野沢菜七味唐辛子クリームチーズディップ」なるものに目を留めた。「これ、絶対好きなやつ!」とい...

続きを読む

家ご飯, , 俳句, 日々の暮らし, 2024.05.11

九谷焼の茶碗

日々使っていた茶碗が欠けてしまったので、金沢では、茶碗を買おうと決めていた。だが、九谷焼の上絵付けで描かれたしっかり...

続きを読む

家ご飯, 外ご飯, 山梨, , 2024.05.08

ポタージュにたこ焼きを

4月から取材していたたこ焼きのキッチンカーの記事を、ようやくアップした。山梨県産の米粉と有機豆乳、山芋など、こだわり...

続きを読む

家ご飯, 花と木, 四季, , 田舎で 2024.04.30

筍ご飯を炊く~怪我の功名

市内の朝採り筍が売っていたので、筍ご飯を炊いた。毎年、なぜか買い損ねていたのだが、今年はちょうど良い大きさの筍をゲッ...

続きを読む

家ご飯, 花と木, 四季, 俳句, 日々の暮らし, , 田舎で 2024.04.23

独活・山椒の芽~春の季語

いただいた独活(うど)は、辛子酢味噌和え、皮のきんぴら、肉巻きにして、毎日食べている。「独活」は、春の植物の季語で、...

続きを読む

家ご飯, 花と木, 四季, , 田舎で 2024.04.19

タラの芽を、洋風で食べる

庭のタラの芽が、すごい勢いで伸びている。もう、天麩羅じゃ食べきれない。ということで、洋風のレシピにした。イカとタラの...

続きを読む

家ご飯, 花と木, 四季, , 田舎で 2024.04.16

野菜高騰の折〈その2〉~庭の山菜

ご近所の薪割りを夫婦で手伝って、ああもう、買い物にも行きたくないというほどに疲れた。もういいか、あるもので。というこ...

続きを読む

家ご飯, 2024.04.15

野菜高騰の折〈その1〉~お好み焼き

今夜は、お好み焼きにしよう。相談はまとまったのに、たまたま出かけた帰りに夫婦でスーパーに寄ったら、キャベツが消費税込...

続きを読む

家ご飯, スイーツ, 2024.04.09

柑橘の大トロ「せとか」

朝のフルーツは、金。ということで、朝食後にヨーグルトとなにかフルーツを食べるのを習慣にしている。先週は、食べたことの...

続きを読む

家ご飯, 夫婦, , 家族のこと 2024.04.08

夫の麻婆豆腐~男の料理

週末、夫が麻婆豆腐を作ってくれた。麻婆豆腐は彼の得意料理で、わたしが作っていたクックドゥの麻婆とはまるで違う。麻婆豆...

続きを読む

家ご飯, 2024.03.31

卵の白身の料理法

我が家の定番料理に、鮪アボカドユッケがある。鮪の塊とエシャレットを叩き、その真ん中に生卵の黄身を、周りにはすりつぶし...

続きを読む

家ご飯, 夫婦, , 家族のこと 2024.03.27

石川県のアンテナショップ「八重洲いしかわテラス」

夫が東京に行った際、石川県のアンテナショップへ立ち寄ったという。東京駅の八重洲口から徒歩3分の「八重洲いしかわテラス...

続きを読む

家ご飯, 2024.03.22

シーフードヌードルアレンジ~牛乳

友人に教わったシーフードヌードルのアレンジを、試してみた。レシピともいえない、牛乳をプラスするだけの簡単さ。普通に3...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 57

PROFILE

プロフィール
水月

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2024年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.