CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

家ご飯, 2023.01.28

塩糖水漬けふたたび

いつものスーパーの鶏肉が、硬くなった。美味しくないと感じる硬さだ。これまでと同じように「国産若鶏」とあるのだが、あき...

続きを読む

家ご飯, 生き物, , 四季, , 田舎で 2023.01.25

雪予報

大雪が降るという予報を受け、食料品を余分に買い込んだ。夫は、薪をウッドデッキに山と積んでくれた。きのうは朝起きたら一...

続きを読む

家ご飯, 健康, , からだのこと 2023.01.20

朝餉の湯気

炬燵でご飯が、スタンダードになった大寒の頃。朝起きると、リビングの室温は、平均して約11℃。薪ストーブの火を起こし、...

続きを読む

家ご飯, 外ご飯, 2023.01.15

にゅうめん

年末年始、よく麺類を食べた。うどん、蕎麦、にゅうめん。ひとりランチには、手軽な温かい麺ばかり。なかでも、にゅうめんが...

続きを読む

家ご飯, 珈琲&お茶, 2023.01.09

朝茶には福が増す

年末に、美味しい煎茶を送っていただいた。以前ブログにかいた狭山茶の茶畑広がる地が近いと読んでくださって思い立ち、わざ...

続きを読む

家ご飯, 2023.01.06

すき焼きいろいろ

正月3日、すき焼きをした。「豚すきで、いいよね~」と言いながら、スーパーを歩き、結局「お正月だからね」と牛をひとパッ...

続きを読む

家ご飯, 四季, , 田舎で 2023.01.03

御節ひとつひとつに

御節を作りながら、そのひとつひとつに思い出すことがあるなあと考えていた。例えば、お煮しめの高野豆腐の飾り切りは、結婚...

続きを読む

家ご飯, 俳句, 日々の暮らし, 2023.01.01

『夏井いつきの365日季語手帳』

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。昨年は、新しいことをひとつ始めた。半年の俳句講...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2022.12.31

栗の甘露煮

秋に収穫した栗がチルドルームで眠っていたので、栗の甘露煮を煮た。初めての体験。といっても煮るのはなんてことはなく、栗...

続きを読む

家ご飯, 日々の暮らし, 雑貨, 2022.12.30

新しい炬燵

年越しも押し迫ったクリスマス。炬燵が、壊れた。全く電気がつかない。温まらない。10年以上は使っている。脚は何度となく...

続きを読む

家ご飯, 四季, , 田舎で 2022.12.24

「日本人に生まれてよかった! 絶対マスター定番鍋」とは?

鍋は続くよ、どこまでも。という日々だ。なにしろ玄関の土間には、大きな白菜が転がっている。不思議と、食べても食べてもな...

続きを読む

家ご飯, 健康, , からだのこと 2022.12.21

紅しぐれ大根~万能うまみ酢

家庭菜園をしているご近所さんから、今年も紅しぐれ大根をいただいた。たいてい「カンタン酢」か「カンタン酢レモン」で漬け...

続きを読む

家ご飯, 2022.12.18

一番採り生どんこ

卓上七輪で、適当に何か焼こうか、という夕餉。焼き鳥や帆立、ホルモンなどのほかに、肉厚の生どんこを買ってみた。これまで...

続きを読む

家ご飯, 健康, 薪ストーブ, 珈琲&お茶, , からだのこと 2022.12.13

肩こり体操

もうずいぶん前のことになるが、脳外科で検査をしたときに「肩こり体操」を図解にしたA5サイズの紙をもらった。キッチン横...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 46

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2023年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.