CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

生き物, 田舎で 2021.05.03

スズメの巣

家の軒天上に、スズメが巣を作った。昨年、アオゲラがドラミングして空けた穴に藁などを運び再利用してマイホームに仕立てた...

続きを読む

花と木, 生き物, 田舎で 2021.04.08

春のお客さん

庭仕事をしていて、軍手のなかに入ってしまった珍客を、夫に写真に撮ってもらった。ニホントカゲの子供だ。なぜ子供だとわか...

続きを読む

家ご飯, 生き物, , 田舎で 2021.03.21

シチリアの全粒粉

「仲沢商店」で購入したシチリア産の全粒粉で、パンを焼いた。膨らみは少なかったが、いつにも増して香ばしい匂いに焼き上が...

続きを読む

生き物, 四季, 田舎で 2021.01.15

見えない足跡

大寒を迎えた朝、降り積もった雪の上にいくつかの足跡を見つけた。小さな靴が、ふたり分。近所の小学生、サキちゃんとユウく...

続きを読む

健康, 生き物, 四季, からだのこと, 田舎で 2021.01.14

ターミネーターになる

日々、ターミネーターになっている。ルームランナーでウォーキングするわたしの姿がかっこ悪いとは定評がある(夫しか知らな...

続きを読む

生き物, 山梨, 田舎で, 2020.11.13

羊のケンカ

取材のつもりだったポニーや羊とふれあうことができる「まきば公園」は、今週、冬季休業に入った。ぐるりと一周周り、その後...

続きを読む

生き物, , 四季, 田舎で 2020.10.19

初冠雪

「たいへんだ」日曜の朝7時前。夫が飛び起きた。「つつかれてる」コツコツコツコツコツ。キツツキが、家の外壁をつついてい...

続きを読む

花と木, 生き物, 田舎で 2020.10.14

芸人ヤマガラ

最近よく来る野鳥の筆頭は、ヤマガラだ。ある日、ウッドデッキをくるりと低空飛行していると思ったら、窓にバーンとぶつかっ...

続きを読む

生き物, 田舎で 2020.09.26

ウッドデッキ色のけろじ

この夏は、ウッドデッキに上がってくるけろじが少なかった。その少ないけろじたちが、揃って黒っぽい。みな、ウッドデッキ色...

続きを読む

生き物, 田舎で 2020.09.17

頼りない場所

ウッドデッキに置いたアウトドア用の折りたたみ椅子に、けろじがとまっていた。蛙が「とまる」という表現はどうかとも思うが...

続きを読む

花と木, 生き物, 田舎で 2020.09.14

シジュウカラの巣

夫が庭のモミジを選定していて、あっと声を上げた。「巣がある」見ると、夫の片手に乗った小さな、しかし無数の藁を集め編ま...

続きを読む

生き物, 田舎で 2020.08.28

けろじの瞬き

けろじが瞬きしている瞬間を、目撃した。ウッドデッキにシェードをとりつけようと、2階のベランダに出て夫と布を押さえたり...

続きを読む

花と木, 生き物, 田舎で 2020.08.08

迷いこんだチビトカゲ

「あー、なかに入っちゃってるよ」しっぽが体長の半分ほどもあり、メタリックブルーに光っているから、ニホントカゲの子供だ...

続きを読む

花と木, 生き物, 日々の暮らし, 雑感, 田舎で 2020.07.18

カクテルパーティ効果

多くの声が響く場所で、自分が欲している情報だけを拾い集める能力を「カクテルパーティ効果」と呼ぶそうだ。パーティーなど...

続きを読む

1 2 3 4 5 6

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.