CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

四季, , 田舎で 2024.02.27

ふたたびの雪

今週には2月も終わるというのに、ふたたび雪が積もった。油断した。たいして積もらないだろうと、予報を見て勝手に判断して...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 四季, , 田舎で 2024.02.25

蕗味噌~春の季語

冬の雨が上がった朝、庭で蕗の薹がたくさん採れた。すでに2度天麩羅にしているので、たっぷり使って蕗味噌を炒めた。「蕗の...

続きを読む

, 四季, 田舎で 2024.02.23

2月23日は、富士山の日

きのうは、つつみんの誕生日だと朝イチでやっていたが、今日2月23日は、富士山の日だそうだ。2(ふ)2(じ)3(さん)...

続きを読む

家ご飯, 四季, スイーツ, , 田舎で 2024.02.20

伊予直送の伊予柑

果物選びが難儀な季節だ。苺もデコポンも、旬というにはまだ早く、高価だ。そんななか、お隣り須玉町の産直野菜売り場「おい...

続きを読む

花と木, 四季, 俳句, 日々の暮らし, 田舎で 2024.02.17

2月の句会~余寒・梅

2月の句会。兼題は、「余寒」「梅」。今回初めて、先生がお休みされたので、会員のみの句会となった。例句などはなく、けれ...

続きを読む

家ご飯, 花と木, 四季, , 田舎で 2024.02.15

味噌開き~味噌に入っているもの

遅ればせながら、去年造った味噌を食べてみた。味噌開きだ。といっても、わたしはぎっくり腰で味噌造りには参加できなかった...

続きを読む

生き物, , 俳句, 日々の暮らし, 田舎で 2024.02.14

鶫・小鳥来る~秋の季語

雪解けがまだらに進んでいる庭で、ツグミを見かけた。十月の終わりごろ、大挙して大陸から渡ってきて、主に山地に棲息。冬は...

続きを読む

, 四季, , 俳句, 日々の暮らし, 田舎で 2024.02.11

冬晴・冬の空・冬の雲~冬の季語

雪の翌日の雪予報は外れ、それからずっと晴れている。「冬晴」は、冬の天文の季語。傍題に「寒晴」「冬日和」「寒日和」など...

続きを読む

四季, 田舎で 2024.02.07

雪その後~積雪25㎝

一昨日降り始めた雪は、今シーズン初の積雪となり、きのうの朝にはさらに積もっていた。指針としているウッドデッキのテーブ...

続きを読む

四季, 俳句, 日々の暮らし, 田舎で 2024.02.06

雪が積もりました~冬の季語

きのう午前中から降り始めた雪は、今シーズン初めて積雪となった。家の周りを窓から写真に撮ると、景色はモノクローム。風景...

続きを読む

家ご飯, 四季, , 田舎で 2024.02.05

節分の鰯と豆まき

節分の夜は、豆まきをして、鰯を食べた。柊や鰯の頭を玄関に飾るのは省略して、鰯を焼いて食べただけだ。どうして、節分に鰯...

続きを読む

家ご飯, 四季, , 田舎で 2024.01.29

寒すぎて鍋な日々

先週は、寒すぎて鍋な日々が続いた。卓上コンロを出して、テーブルで作る鍋はもちろんのこと、キッチンで煮込むおでんも大鍋...

続きを読む

生き物, 俳句, 日々の暮らし, 田舎で 2024.01.23

鶺鴒(せきれい)~秋の季語

セキレイは、よく見かける野鳥だ。庭で、道路で、堰で、スーパーの駐車場で。多くは、たったったった、と走っている姿。そし...

続きを読む

花と木, 四季, 俳句, 日々の暮らし, 田舎で 2024.01.20

1月の句会~去年今年・冬木立

1月の兼題は、「去年今年(こぞことし)」と「冬木立」。「去年今年」は、新年の時候の季語。これまで過ごしてきた去年から...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 56

PROFILE

プロフィール
水月

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2024年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.