CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

花と木, 田舎で 2022.06.22

ヤマホタルブクロ

庭のホタルブクロが、咲いている。毎年のように眺めては写真を撮り、ブログにアップしてきたが、ホタルブクロについて詳しく...

続きを読む

花と木, 俳句, 日々の暮らし, 田舎で 2022.06.19

講座「俳句を楽しむ」~紫陽花

今月から、月1回全5回の「俳句を楽しむ」という講座に通い始めた。山梨英和大学のキャンパスで行われる短期スクールで、3...

続きを読む

花と木, 四季, 田舎で 2022.06.13

タチアオイ咲いて

タチアオイが、咲いている。ヤブカンゾウはまだ緑だが、「トトロの季節」が、やって来た。関東甲信は平年よりわずかに早く梅...

続きを読む

花と木, 生き物, 田舎で 2022.05.28

森の落とし物

神戸から帰ってきた次の朝。庭で体操していた夫が、早々に引き揚げてきた。「カラスが2羽、低空飛行して威嚇してきた」「雛...

続きを読む

四季, 手話, 山梨, 日々の暮らし, 田舎で, 2022.05.25

あなたの趣味は、何ですか?

『地球の歩き方』で、プロフィールを書き換えた。2年前に会社を退職したのに、そのままになっているのが気になっていたから...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2022.05.24

伽羅蕗(きゃらぶき)

伽羅蕗をいただいた。庭の蕗を、煮たのだという。「これって、”きゃらぶき”っていうんだよね?」夫に訊かれ、たぶん、と自...

続きを読む

家ご飯, 四季, , 田舎で 2022.05.20

五月鍋~鶏たたき鍋

いったいいつまで、こんな寒さに震えるのだろう。5月の半ばを過ぎて、夫があきらめたように言った。「今夜は、鍋にしようか...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2022.05.07

松竹梅ご飯

「松葉茶」に続き、エッセイサークルで教わった「松竹梅ご飯」を炊いてみた。ネット検索でも出てこないレアなレシピだ。とい...

続きを読む

花と木, 俳句, 日々の暮らし, 田舎で 2022.05.06

ヤエムグラ

一昨年、オドリコソウが群生していた場所を偵察した。我が家から徒歩30秒ほどの道路沿いの荒れた桑畑だ。真っ白い花で、だ...

続きを読む

花と木, , 四季, 田舎で 2022.05.03

春を迎える八ヶ岳

こんなに澄んで青く見えるのは、今シーズン最後かもしれない。まだ頂は、雪を冠し凍っている。そこでは人も動物も寄せつけず...

続きを読む

花と木, 日々の暮らし, 雑感, 田舎で 2022.04.29

草や木の声を聴く

クサクサした気分で、森を歩いた。ついてない。まるで時空のネジが緩んでいるかのようだと、思わざるをえない日がある。こと...

続きを読む

家ご飯, 花と木, 四季, , 田舎で 2022.04.28

独活の肉巻き

鶯はぐぜり鳴きを終え声も高らか、雉が頭の上に響くような雄叫びを上げるこの頃。白く踊るよう瑞々しい独活をいただいた。辛...

続きを読む

家ご飯, , 花と木, 四季, , 田舎で 2022.04.27

ポストと筍

新しいご飯土鍋を、購入した。3代目である。1代目の土鍋は、蓋が割れてしまった。2代目は、やはり蓋が欠けたまま炊いてい...

続きを読む

花と木, 四季, 田舎で 2022.04.26

ヤマツツジとフデリンドウ

すぐ近くの道沿いのヤマツツジが綺麗だと聞いて、通ってみた。想像を超える花の多さに、思わず歓声を上げた。まさに満開だっ...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 44

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.