CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

花と木, 生き物, 四季, 田舎で 2022.09.24

アキアカネ

庭に、赤トンボが飛んでいる。たぶん、赤トンボ代表のアキアカネだろう。22年前にここ山梨の田舎に越してきて、初夏からす...

続きを読む

健康, , からだのこと, 田舎で 2022.09.17

閉じたままの瞼を閉じる瞬間

還暦を迎える何年か前から、夜中に何度か目が覚めるようになった。たいていはトイレに行き、キッチンで水を飲んで、ふたたび...

続きを読む

家ご飯, 花と木, 四季, , 田舎で 2022.09.12

栗ご飯~秋の味

庭の栗が、落ち始めた。木に生っているのはまだ青い毬栗ばかりだが、落ちた栗が立派に色づいていたので、1合分だけ栗ご飯を...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2022.09.10

茗荷の夏がゆく

雨の朝、探し回ってようやく小さな茗荷を2つ収穫した。「茗荷、ラストみたいだよ。ずぶ濡れになっちゃった」朝食の準備の途...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2022.08.30

夏野菜のカレーとフランスパン

近所で自給自足に近い暮らしをしている方から、夏野菜をいただいた。大きな南瓜のほかは、今日収穫したばかりの野菜たち。胡...

続きを読む

花と木, 田舎で 2022.08.20

コバギボウシ

春先に苗をいただいて植えた、コバギボウシの花が咲いた。薄紫色の蕾がいくつか縦に並び、咲き始めた花はうつむいて咲いてい...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2022.08.18

叩き胡瓜の酢醤油漬け

栗原はるみレシピの「叩き胡瓜の酢醤油漬け」を、お向かいさんに教えて喜ばれた。我が家の夏の定番になりつつある常備菜だ。...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2022.08.15

胡瓜パーティ

台風で強い雨が降っていたので、買い物には行かず、あるもので済まそうということになった。冷凍庫にシーフードミックスとピ...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2022.08.12

広がりすぎた庭の茗荷

庭の茗荷を、初収穫した。ずっと気にはなっていたけれど、茗荷が広がりすぎている。右手のスズランは数が減り、左手のクリス...

続きを読む

家ご飯, 花と木, 生き物, , 田舎で 2022.08.07

マジックナンバー7

愛車をこすってしまい、落ち込んでいる。そんなとき、過去にかいたブログの記事を偶然見た。「マジックナンバー7」という言...

続きを読む

花と木, 四季, , 田舎で 2022.08.06

秋の空と白い桔梗

「空が、きれい」玄関で娘が、ふっと空を見上げた。つられて、空を仰ぐ。「ああ、ほんとだ。東京の空とは違うでしょう?」「...

続きを読む

花と木, 夫婦, 親子, 家族のこと, 田舎で 2022.08.02

向日葵の花

もう1年になるのかと思う気持ちと、もっと時が経っているような気持ちとを混在しているのは、ずっと離れた土地で暮らしてい...

続きを読む

花と木, 北海道, 田舎で, 2022.07.30

礼文島~フラワーハイキング

礼文島のホテルの部屋には、てるてる坊主のほかに、早朝無料ツアーの案内が置かれていた。「カラダ・ココロが喜ぶ早朝のお散...

続きを読む

健康, , からだのこと, 田舎で 2022.07.20

目覚ましが鳴るまでの時間

最近、朝早く目覚めることが多い。6時半や7時に合わせた目覚ましよりも、かなり早く目覚めて眠れそうにないときには起きて...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 45

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.