CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

, 四季, 山梨, 田舎で, 2021.10.21

甲斐駒ヶ岳初冠雪

今年も、南アルプス連峰と八ヶ岳が初冠雪を迎えた。今回、初冠雪について、新しい知識を2つ得た。ひとつは、富士山初冠雪の...

続きを読む

家ご飯, 花と木, 四季, , 田舎で 2021.10.19

きのこ狩り

地もとの方に誘っていただいて、夫がきのこ狩りに行ってきた。町内の山を、雨上がりの午後に歩く、楽しい散策だったという。...

続きを読む

家ご飯, 花と木, 四季, , 田舎で 2021.10.16

あけぼの大豆の枝豆

身延町の名産品に、「あけぼの大豆」というのがあることを知った。友人が、毎年その豆で味噌を作っていると聞いたのだ。たい...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2021.10.15

栗、甘く

チルドルームで保存していた栗を、煮た。さらに甘く美味しくなっていて、驚く。「ひじきと牛蒡と栗の煮物」は、偶然が生んだ...

続きを読む

, , 田舎で 2021.10.13

黄昏時の彩雲

夕刻の散歩で、虹色に光る雲を見つけた。様々な形の雲の共演といったような空で、ぼんやりと西の空を眺めながら歩いていた。...

続きを読む

花と木, 田舎で 2021.10.12

箒にできるほど咲いて

夫が整備している森に、コウヤボウキが群生している。去年、花を見つけたときには気づかなかったのだけれど、この枝は、たし...

続きを読む

, , ペペペ日めくりカレンダー, 日々の暮らし, 田舎で 2021.10.07

予言

「予言だ」「なに? ペンキ塗りだった?」朝、ペペペ日めくりカレンダーをめくって目を丸くするわたしに、夫が日めくりをの...

続きを読む

, 山梨, 田舎で, 2021.10.04

主婦はお得がお好き

北杜市に、初めてPayPayのキャンペーンがやってきた。還元率は、最大30%、月に2万円まで戻ってくる。よく行く産直...

続きを読む

花と木, 生き物, 田舎で 2021.10.03

シクラメンふたたび

昨年暮れに友人にもらったシクラメンが、咲いている。花が終わり葉だけになっても、冬のあいだ家のなかに置き、春になってか...

続きを読む

, , 日々の暮らし, 田舎で 2021.10.02

外壁補修工事完了

外壁の補修工事が終わり、一昨日、足場が外された。最後にもう一度だけと登り、てっぺんから方々を眺めた。八ヶ岳や南アルプ...

続きを読む

, 四季, 田舎で 2021.09.28

富士山初冠雪

今年の富士山の初冠雪は、一昨日9月26日だった。じつは今年の初冠雪のニュースは2度目で、9月7日に観測されていた。と...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2021.09.26

夕顔

「わ~冬瓜だ!」夫がいただいてきた瓜を見て、歓声を上げた。けれど、違うのだという。「ユウガン、っていうんだって」トウ...

続きを読む

, 四季, 山梨, 田舎で, 2021.09.25

磐座

9月4つ目の『地球の歩き方』の記事は、韮崎市のパワースポット「當麻戸(とうまと)神社」を参った。巨石が祀られていて、...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2021.09.24

大豊作の後に

日々、栗を剝いている。筑前煮に、肉じゃがに、ひじきの煮物にまで栗を入れて煮ている。これが美味しい。夕刻、煮物の準備を...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 39

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.