CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

新米を炊くと

明野のなかでもいち早く稲刈りをする農家さんに、新米をいただいた。

ビニール袋の新米は、まだ熱を持っていて、精米したばかりだとわかる。

白い。白く美しいお米だ。

 

お昼過ぎにいただいたのだが、夫が1時過ぎに帰ると言って出かけていったので、さっそく炊くことにした。

土鍋なので、気軽に炊ける。

サラダを作り、冷凍してあったコロッケを揚げる。胡瓜の浅漬けもある。

 

毎年のことだけれど、新米の美味しさは形容しがたい。

白く光っている。口に入れると、一粒一粒がしっかりと主張している。旨みが濃い。しっとりと甘い。

そして今年発見したのだが、新米を食べていると、これが、おかずが進むのである。

 

これまでも、いろいろ発見した。

新米は、ぴかぴかの艶々に炊き上がること。

もちもちだが、決してやわらかくはない。かたくはないがしっかりとしていること。

滋味溢れる芳醇な味わいだということ。

おかずがいらないほどに美味いということ。

「新米をおかずに古米を食べる」と言われるほど、特別だということ。

お米一粒一粒が”種”であり、そこには大きなパワーが潜んでいること。

 

きっと新米は、まだまだ多くのことを教えてくれるだろう。

体温よりも温かかった新米。稲刈り風景を眺めていたので、感慨です。

「新米」は、秋の季語。

新米を詰められ袋立ちあがる  江川千代八

さっそく、ランチに炊きました。コロッケも揚げたんだけど、新米に夢中で写真がない(笑)

きのうの朝。白いな~♩きれい。

見た目も、お米が立っている感じ。

いつもの朝餉も、スペシャルに。

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. mami より:

    こんにちは~。
    もう地元の新米が食べられるのですね。
    美味しい新米委は嬉しいですね。土鍋で焚くのは難しそう~。

    岡山は猛暑でまだ青田です。また、実入りも悪いと言われています。

  2. さえ より:

    >mamiさん
    こんにちは~♩
    そうなんです。早いですよね。明野のなかでもいち早く稲刈りする農家さんの田んぼがすぐ近くにあって(^_-)-☆
    ご飯土鍋、簡単で美味しく炊けますよ。「菊花」というのがオススメです。
    岡山でも美味しい新米が収穫できるといいですね。
    ところで、今スペインに来ています。旅レポ始めるので、よかったらのぞいてみてくださいね~

PROFILE

プロフィール
水月

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.