CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

倉敷帆布のバッグ

倉敷でオーダーメイドしたバッグが、届いた。

イメージしていたより、とても軽い。しっかりもしている。

帆布のアイボリーと手染めの煉瓦色っぽい赤とを、ていねいに縫い合わされている。

そこに、スプラッシュペイントで描かれた花火のようなアート。ピンク&紫+黄色&黄緑の模様が、個性的だ。他の誰かの鞄と間違えることは、絶対にないだろう。

ファスナーは、荷物がすべて隠れるようにきっちり端から端までついているし、持ち手は小さめにして、その分たすき掛けにできる長さのショルダーベルトをつけてもらった。

その際、店頭に並んでいたものは両サイドを金具で留められていたが、お店の方が提案してくれた。

「縫い付けてしまえば、金具の分、軽くなりますよ」

使う人の立場で考えて、物作りをしているお店なのだと、胸の奥に響いた瞬間だった。

届いたバッグは、思い描いていたものそのままだった。

 

使うのがもったいないような気もしたけれど、週末、友人と食事に出かけた。そのとき少し迷ったが、持って出ることにした。

「それ、手作り? 素敵ね」

「ううん。倉敷帆布のオーダーメイドなの」

気づいてもらえて、心春めいた。

 

思えば、旅行用のバッグは、もう15年以上使っている。

同じものを新しく買おうかとも検索したが、すでに作られていないと、去年知ったばかりだ。

ファスナーつきでたすき掛けにできる安全対策と、ガイドブックやペットボトルが入る少し大きめのバッグが、思いがけず手に入ったのである。

具体的に、どこへ行こうと考えてバッグをオーダーメイドしたわけではないけれど、ひとつ準備が整うと、また旅に出たくなる。

今年は、どこに行けるかな。

帆布のアイボリー&シックな赤を、選びました。

花火のようなアートは、スプラッシュペイントというそうです。

反対側は模様なしで、落ち着いた感じ。どちらも楽しむつもり。もちろん、たすき掛けもバッチリできます。

しっかりファスナーつき。端まで外して全開にしたり、中心部分だけ閉めたりもできます。

「ALAPAAP」のバッグ。スプラッシュペイントもまったく同じには描けないそうです。世界にひとつだけの一点もの。うれしい。

「倉敷帆布」は、有名なんですね。

まったく違うルートで、オマケにもらったエコバッグをひとつ持っています。

奥まった場所にあったお店。すでにもう、なつかしいなあ倉敷。

 

 

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. hanamomo より:

    こんばんは。
    倉敷の帆布の事テレビで見たことがあります。
    素敵なバッグですね。
    世界に一つだけの模様もきれいですね。

    こんな素敵なバッグを持つと出かけたくなるでしょう。
    今年はどちらへ?
    私も一緒にまた旅を楽しませていただきますね。

  2. さえ より:

    >hanamomoさん
    こんにちは~♩
    倉敷帆布、テレビで見たんですね。知らなかったんですが、有名なんですね。紡績の町ですものね。
    軽くてたくさん入って、落ち着いた赤もスプラッシュペイントも、とても気に入っています。
    今年も、遠くへ行きたいな~行けるでしょうか。
    旅をしたくなるバッグ。うれしいです(^_-)-☆

  3. ぱす より:

    こんにちわ
    倉敷帆布のバッグ、仕上がったのですね。
    旅の思い出がまた蘇って来ますね。
    一泊ぐらいの、旅にちょうどいいサイズなのでしょうか。
    奥まで、しっかりと荷物が入りそうで、何より丈夫でしょうね♪

    旅先でオーダーしたものを、後日受け取る。
    私も一度やってみたいなあって思いましたよ。

  4. さえ より:

    >ぱすさん
    こんばんは~♩
    わたしのイメージでは、旅先で持ち歩く用のバッグなんです。
    だから、軽さや安全性にこだわりました。
    ほんと、旅の余韻が広がります。
    旅でオーダーしたものをひと月半後に受け取る。
    たしかにこういう体験、初めてでした。
    タイムカプセルですね~
    これから、わたしの旅の歴史を刻んでいってくれるといいな(^_-)-☆

  5. mami より:

    こんばんは~。

    できましたね。世界に一つだけのバッグ。
    スプラッシュペイントというのがいいですね。
    デザインもとっても素敵です。

    私が学生の時、帆布のバッグを持つことが学校内で流行り
    学生のお小遣いでも買えるトートバッグを持っていました。
    昔は身近だった帆布製品も安い中国製品の輸入ですたれていき
    昨日も老舗帆布メーカーのタケヤリが本業の帆布製造から撤退したことを
    ニュースで知りました。
    私も倉敷の帆布製品を使ってみたいと思います。

  6. さえ より:

    >mamiさん
    おはようございます♩
    倉敷のこと、mamiさんのブログや『地球の歩き方』で、いろいろ参考になりました。おかげでいい旅になって、素敵なバッグも手に入りました。
    ありがとうございます(^_-)-☆
    そっか。岡山だと、学生さんのあいだでも流行ったりするんですね。お洒落だなあ。
    それでも撤退する会社もあるんですね。淋しいですね。
    バッグ、大切に使います。

PROFILE

プロフィール
水月

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2024年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.