CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

向日葵の花

もう1年になるのかと思う気持ちと、もっと時が経っているような気持ちとを混在しているのは、ずっと離れた土地で暮らしていたからだろうか。

義父が亡くなって、1年になる。

一周忌は帰省はしたが、暑いさなかなので90歳の義母には外出は難しく、夫とふたりでお墓参りをし、けれど思いがけず従弟が子供たちを連れて来てくれて、少しにぎやかに義父を悼むことができた。

 

義父の葬儀で思い出すのは、祭壇に大きく咲いたいくつもの向日葵の花だ。

義母が好きな向日葵の花を、たぶん義父も好んだだろうと、夫と選びできるだけたくさん入れてもらった。

その向日葵がとても綺麗だと、義母はやわらかに目を細めていた。

遺影の義父も、向日葵に囲まれ、ちょっと照れたような、けれどまんざらでもないような顔をしていた。

夏のこの季節だったからこそ、向日葵の花と一緒に見送ることができたのだった。

 

毎夏、向日葵を見て、こんなふうに思い出すのかもしれない。

歳を重ねると、こうして花を見て思い出すことも、思う人も、増えていくものなのかもしれない。

明野の向日葵畑です。7月には、サンフィニティといういくつも花をつける品種が咲いていました。

南アルプス連峰が綺麗に見える日を選んで、撮影に行きました。

夏山は、あまり輪郭をあらわにしないのですが、今年はくっきり見える日が多いように思います。

 

☆『地球の歩き方』北杜・山梨特派員ブログ、更新しました。

【30万本のひまわり咲く「北杜市明野サンフラワーフェス2022」開催中!】

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.