CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

もうひとつの空

義母から、小説「水たまりのできる場所」を再読したとメールをもらった。

読みながら、上の娘の「もうひとつの空」を思い出したと、ある。

記憶になかったので訊ねると、娘が高校生の頃にケータイに送った写真のタイトルが「もうひとつの空」だったという。

校庭の水たまりに映った青空だったそうだ。

タイトルが素敵だと思い、義母は短歌を詠んだという。

そんなやりとりをしていたとは、まったく知らなかった。

 

空は、そのときどきに人の心を映す。

抜けるような濃く澄んだ青空を目にしても、うら淋しく思えてしまうときもあり、雨の音が軽快なリズムを刻んでいるように思えるときもある。

「もうひとつの空」は、「水たまりのできる場所」のように、きっと誰もが持っているものなのだろう。

久しぶりに「AKITOCOFFEE」で珈琲タイム。珈琲に空が映っています。

変わらずシックなドライフラワーを飾ってありました。

春を感じるものも、ありました。

多肉ちゃんの上に貼られたポスター、なんだろう?

訳がすみっこにかいてありました。

ひいおじいちゃんへ

今夜は満月です。

たまに夜はわたしを静かに、そして深く飲み込んで寂しい気持ちにさせます。

でもそんなときにはいつも夜の海を思い浮かべ、黒い海と手を取り合い踊り、そして歌を歌い泣くのです。

わたしが歌うのは、a dream song#1とa dream song#2。

ひいおじいちゃん。

あなたにわたしの声は聴こえているのでしょうか。

追伸

そして今日も夜は明けて、朝は来るのです。かわらずに。

階段の上には、ミモザかな? ビタミンカラーに気持ちが明るくなりました。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.