CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

温活で、平熱36.8℃に

最近、体温を測る機会が増え、自分の平熱が変化していることを知った。

以前は、36.4℃くらいだったのが、36.8℃くらいになっている。

店頭などに置かれた検温器で、37.0℃が表示されることもあり慌てるが、それも平熱のうちだろう。

原因は歳なのか? と疑問に思っていたが、友人に言われて気づいた。

「白湯じゃない?」

「そういえば、もう1年くらい毎朝しつこく飲んでるわ」

それが、レモン白湯だけではなく、さらに熱いデトックス茶を。さらには、朝食時に熱い煎茶を3煎まで淹れて楽しむ。10時には熱い珈琲を。

それを1年続ければ、体温が上がってもおかしくないような気がする。

 

またさらには、腹巻きを7月になってもなお続けている。しない日もあるけれど、冷房が効いた場所に行くときには巻いていく。腰痛予防だ。飛行機に乗るときには、レッグウォーマーも履くし、靴下も、なるべく履くようにしている。

風呂も、シャワーだけで済ませず、毎日必ず浸かっている。

ルームランナーは、今月2度のぎっくり腰もどきをしてサボっているが、体温上昇に一役買っていたのかもしれない。

知らず知らずやっていた温活が、どうやら体温を上げたらしい。

 

友人が見せてくれた身体のケア本によると、36.5℃~37.0℃が平熱、というのがじつは健康を考えると理想の体温なのだそうだ。代謝がよくなり、ダイエット効果もあるとか。体重は減らないけど(笑)

うーむ。アラ還になっても、体質って変わるのだ。

目から鱗の新事実だった。

1年近く続けている、レモン白湯。大きなコップに朝一番に1杯。

その後に、熱いデトックス茶をたっぷりいただきます。

朝食には、知覧の煎茶を3煎までしっかり味わって。

熱いそば茶を飲むこともあります。

水出しアイス珈琲も作り始めましたが、まだ熱い珈琲を楽しむ日も多いです。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.