CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

鰻とレコード~Blowin’ in the Wind

娘が、鰻をご馳走してくれた。

2ヶ月遅れの夫の誕生日祝いだ。

清里に新しくできた「Blowin' in the Wind」という名の鰻とレコードの店は、夫のリクエスト。

友人の「鉄刻屋」さんがドアの把手を作っていて、知ったという。

娘が予約を入れ、土曜のランチに3人で出かけた。

 

涼やかな空気を窓の外から感じる広く居心地のいい店内で、何を話すでもなく3人で鰻が焼けるのを待つ。それでも家族共通の話題は途切れることなく、また途切れたところで誰も気にせず、緩やかに時間が流れていく。

「鰻って、英語でなんて言うの?」

と夫が訊き、娘が「eel」と答えている。

BGMはビートルズのレコードが流れていて、何枚か張ってあるポスターもビートルズ。

夫とわたしの世代には、空気のように自然なメロディだ。

そこへ、待ちに待ったうな重が登場。

3人しばし無言で、うな重に集中した。

「鰻食べてると、静かだね」

夫が言う。

「会話いらない美味しさだね」

わたしが答え、娘が笑ってうなずく。

 

家族っていいな、そして、鰻、いいなと思ったランチだった。

以前、お蕎麦屋さんだったお店を改装して開店したばかりです。

和と洋が融合した雰囲気が素敵でした。

重みのあるドアの把手は「鉄刻屋」さんの作品。

内装も洒落ていました。

まずトマトの優しい味の漬物が出てきて。

サントリーウイスキーの樽をリサイクルして作ったというお重!

肝吸いもついていて、上品です。

そして、鰻がめちゃくちゃ美味しかった。美味しいと無言になりますよね。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.