CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

東京は、歩く

サッカー観戦の翌日は、よく歩いた。

約15,000歩。

普段、ウォーキングして5,000歩にもならない。

朝、国立競技場の周りを進歩したのは気持ちよかったが、なぜそんなにも歩数が上がったかといえば、道に迷ったからである。

 

夫は上京した機会に、手術した両膝のリハビリをサポートしてくれているスポーツトレーナーのところへ行ったので、のんびり買い物をしようとひとり出かけた。

ところが、宿泊用のキャリーバッグがあるので階段利用ができず、エレベーター、エスカレーターを探すがなかなか見つからない。

探して、迷って、遠回り。

東京駅では、キャリーバッグを入れるためにコインロッカーを探す。取り出すときに、自分がここ、とわかる場所限定となると限られてくる。

ふたたびエレベーター、エスカレーターを探し歩き回る。

なぜか、駅から遠くへと離れていた。

そして買い物。ようやくゆったりとした時間だ。

その後、夫との待ち合わせで日本橋へ。

午後いちばんの「神田川クルーズ」に参加することになっていた。

ここでは、三越前駅と日本橋駅をふたり取り違える。

歩く。歩く。東京は、歩く。

 

神田川クルーズを楽しんだあとは、日本橋から東京駅まで歩いた。

「歩ける?」と聞く夫に、

「迷わなければ、楽勝」と、わたし。

迷って歩くのはほんとうに疲れるけれど、道案内がいれば、たとえビルの狭間でも歩くのは楽しい。

散歩した国立競技場。

周囲には、いろいろな色の紫陽花が咲いていました。山梨ではまだ蕾なのに、やっぱり早いなあ。

紫や、ピンク。

ブルーも、淡い色から濃い色まで。

2020東京オリンピックの聖火台です。

1964年の東京オリンピックの聖火台は「炬火台」と呼ぶそうです。

「神田川クルーズ」は、日本橋川の真ん中「日本橋」からスタートして、神田川、隅田川、ふたたび日本橋川へぐるりと1周します。

スタート地点「日本橋」です。麒麟がいますね。

40以上もの橋をくぐっていきます。あいにく小雨でしたが、楽しかった。

神田川、御茶ノ水駅「聖橋」の下にいます。丸ノ内線が走って行きました。

神田川をさらに進むと、屋形船がたくさん並んでいました。

隅田川は広い! 海みたい。スカイツリーも見えていました。

隅田川の「永代橋」の向こうは、まるで未来都市のよう。

 

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.