CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

母の予定

東京の実家で、87歳の母とランチをした。

わたしが帰るときには、決まって京樽の海鮮ちらしを頼まれる。

母が暮らす都営住宅は、駅から徒歩5分。駅前にはダイエーが入った小規模なショッピングモールや、京樽や不二家や餃子の王将などが並ぶビルや、大きめの本屋などがあり、とても便利な場所だ。

 

母娘ふたり、同じ海鮮ちらしを食べながら、母の近況を聞いた。

電話で「忙しくて」と言っていたのが気にかかっていた。

それなのに、今週も来週も買い物を頼んでいるヘルパーさんが、同じ曜日に来るだけで何も予定は入っていないという。

春にケアマネさんが代わったのだが、まだ会っていないというので、来週来てもらおうと言うと、しかし乗り気ではない顔だ。

「火曜日はヘルパーさんが来るし、水曜は宅急便が届くの」

どちらも家にいられる用事だし、ヘルパーさんはケアマネさんと同じ事務所から来るのだから、問題ないはずだ。

そう諭しても、首を縦に振らない。

そこで、神戸の義母が言っていたことを思い出した。

「ヘルパーさんが来る日は、緊張するのよ」

週にひとつ、ふたつ予定があるだけで、いっぱいいっぱいなのかと不意に納得した。「忙しい」というのは、気持ちが忙しいのだろう。

結局、週末に訪問してくれることになり、母もホッとした様子だった。

 

歳をとると「教養と教育」が必要になると、ユミさんのブログで知った。

教養=今日、用がある

教育=今日、行くところがある

それで、気持ちに張りが生まれるのだという。

けれど、来月米寿を迎える母には、教養も、教育も、重荷になってきたということなのだろうか。

東京での空き時間に、ひとり飲んだ珈琲。エチオピアのゲイシャ。いい香り。

細長いカウンターをひとり占め。ブルーのタイルに落ち着きました。

「すずめ珈琲」です。

エチオピアのゲイシャ、豆で買って帰りました。

中煎りなので、いつもの豆より色が濃いです。

一投目。よく膨らみます。

おかわりできるくらい、たっぷり淹れました。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ユミ より:

    うちの母もヘルパーさんが週に2日ほど入ってもらってた時期がありました。
    だいたい3人のヘルパーさんが交代して来てくれるんだけど、相性もあってか、
    あの人は話しやすい、あの人は嫌やねん、とか言うようになって、しばらくしたらヘルパーみんな断って、そして鬱になった時がありました。
    今は施設で、職員の方とも仲好しになって、以前のように嫌とかあまり言わなくなったけれど、
    やっぱりヘルパーさんであろうと、家に他人が入るのは気を使うと思います。
    ほんとに緊張するんでしょうね。
    ヘルパーさんも同じ方がずっとだと母も慣れたのかもしれません。
    お母様もリラックス出来て、慣れてくれればいいですね。
    教育と教養は、たしかにシニアの元気な秘訣だとは思いますが、キャパ越にならないようにしなくちゃいけませんよね。
    介護職やってたので、思うんですけど、シニアは何でも慣れるのにも時間がかかると思います。
    そしてさえさん、リンクありがとうです~

  2. さえ より:

    >ユミさん
    そうなんですね~母は週一回買い物だけですが、
    神戸の義母も同じく週2回来てもらっていて、やっぱり人によっての違いなどこぼしていました。
    お母さま、施設で穏やかに暮らしているんですね。よかったですね。
    自分でできることが少なくなったら、いつも誰かが手伝ってくれて、何かあったら駆けつけてくれるところで暮らすのがいちばんだと、義母のケアマネさんが話していました。
    会社を引退してからも、夫婦共々けっこう忙しく、還暦のわたしでさえキャパ超え感じることが多くなっているのだから、アラ卒のは母たちには、時間が早く流れる分だけキャパシティも狭くなってきているのでしょう。
    読んでいただいて、ありがとうございました♩

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.